いいことづくし!【酒粕】で健康的できれいな体を手に入れる!

今話題の発酵食品。 その中で栄養価の高さから、改めて注目を浴びている酒粕。 【蔵元の酒粕】は栄養いっぱいで使いやすい酒粕パウダーです。

by nifu

View

18

値段

¥ 890

在庫数

8

いいことづくし!【酒粕】で健康的できれいな体を手に入れる!

編集日時: 2018/07/11 17:36

 

 

 

 

 

 

今話題の発酵食品。

 
  •  
             
その中で栄養価の高さから、改めて注目を浴びている酒粕。          
                     
酒粕とは日本酒の製造工程で出る「絞り粕」のこと。          
日本酒のもろみを搾り、酒を分離した際にできる副産物が酒粕です。        
                     
《蔵元の酒粕とは?》                
清酒発祥の地 奈良美吉野醸造で醸す純米酒・花巴。          
室町時代から続く伝統的な乳酸菌発酵が特徴の水酛仕込みの酒粕。        
その酒粕を乾燥させ、パウダー状にしたのが【蔵元の酒粕】です。        
完全無添加の酒粕粉末。                
板粕や練り粕に比べ溶けやすく混ぜやすいため、手軽に日常に取り入れ始められます。    
焙煎させる際にアルコールは飛びますので、            

お酒の苦手な方にも召し上がっていただけます。

 

 

 

 

 

           
                     
《酒粕の栄養価って?》                
栄養価が高いと注目されている酒粕ですが、どのような栄養価があるのか実際どうなの?と疑問に思いますよね。
酒粕の100gあたりのカロリーは227Kcal。              
酒粕には、三大栄養素のタンパク質炭水化物(糖質)脂質をはじめ、        
食物繊維(5.2g)、ビタミンB1(0.03mg),ビタミンB2(0.26mg),ナイアシン(2mg),ビタミンB6(0.94mg)、葉酸(170μg)、パントテン酸(0.48mg)、
ナトリウム(5mg)、カリウム(28mg)、カルシウム(8mg)、マグネシウム(9mg)、リン(8mg)、鉄(0.8mg)、亜鉛(2.3mg)、銅(0.39mg)など、たくさんの栄養素が含まれています。
                     

《多様な健康効果がすごい!》

 

 

 

 

 

             
たくさんの栄養素は健康効果がとてもたくさん。            
                     
●肝臓を保護する効果                
活性酸素には高い酸化力があり、体内で増えすぎるとさまざまな病気を引き起こします。    
特に肝臓は活性酸素が集まりやすい部分です。            
肝臓内で活性酸素を抑制する働きがある物質にグルタチオンがあります。        
酒粕のたんぱく質を分解してできるペプチドがグルタチオンと同等の働きをして、肝臓に集まって高い抗酸化力で活性酸素を除去するため、肝臓の保護に効果的です。
                     
●便秘解消効果                  
酒粕には100g中5gの不溶性の食物繊維が含まれています。不溶性の食物繊維は腸の中で膨らんで便の量を増やし、ぜん腸運動を促して腸内の余分な老廃物を排出します。
また、酒粕に含まれるオリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、善玉菌を増やして腸内環境を整えます。
                     
●美肌効果                  
酒粕に含まれているビタミンB群は肌の代謝を高め、ターンオーバーを促進します。      
さらに、豊富な食物繊維が肌荒れやニキビの原因となる便秘を解消することで、不要な毒素がデトックスされて美肌効果も。
加えてシミの原因となるメラニン色素を防いでくれる上、保湿効果で乾燥予防にもなります。酒蔵の杜氏さんの手がキレイなのは、酒粕の美容成分のおかげだと言われています。
                     
●肩こり・頭痛の解消                
血管拡張作用のあるアデノシンが、肩こりや頭痛・冷え性などの症状を緩和してくれます。    
                     
●糖尿病や肥満の予防・改善効果              
糖尿病では糖質の摂取を減らし、たんぱく質を多く摂取する必要があります。      
酒粕は糖の吸収をおさえ、たんぱく質の分解・吸収を促すため糖尿病の予防や改善にぴったりです。  
さらに余分な糖分の摂取を抑えることで肥満防止にも。          
酒粕には脂質がほとんど含まれないため、日常的に取り入れることで脂質やカロリーを抑える効果も期待できます。
                     
●アレルギー症状の緩和                
アレルギー症状は、カテプシンBという酵素が作り出す免疫グロブリンが引き起こします。    
酒粕にはカテプシンBの働きを阻害するペプチドが含まれるため、アレルギー症状の緩和に効果的です。  
ただし、アレルギー体質の改善のためには、少量ずつ長期間に渡って食べ続ける必要があります。  
花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状緩和に。            
                     
●高血圧の抑制効果                  
高血圧は心筋梗塞や脳いっ血など、さまざまな病気を引き起こす原因のひとつです。      
酒粕には血圧の上昇を抑えるペプチドが6種類発見されており、高血圧を抑制する効果が期待できます。  
                     
●がんの抑制効果                  
酒粕に含まれるα-ハイドロオキシ酸がガン細胞を抑制し、グルコサミンががん細胞が出すトキソホルモンの毒素を抑制します。
さらに酒粕はがん細胞を殺すはたらきをするナチュラルキラー細胞の働きを活性化するため、抗がん作用が期待できます。
日本酒を飲む人は大腸がんや胃がんにかかりにくいというデータもあるほどです。      
                     
●骨粗しょう症の予防効果                
骨密度は加齢と共に減少していき、骨粗しょう症を引き起こしやすくなります。      
酒粕には骨の分解を早めるカテプシンLという酵素の働きを抑える物質が3種類含まれており、骨密度の減少を防ぐため骨粗しょう症の予防に効果的です。
                     
●生活習慣病の予防効果                
脳こうそくや動脈硬化など、血液や血管が固まる病気の予防にも有効です。      
酒粕は血栓を溶かすウロキナーゼという酵素の合成を促すほか、血栓を溶かすプラスミノーゲンも含んでおり、血液ドロドロを解消するのに役立ちます。
                     
●コレステロール値の減少効果                
酒粕は悪玉コレステロールの生成や脂質の酸化を抑え、過剰なコレステロールを肝臓に戻す作用があります。
                     
いかがでしょうか?                  
日本のスーパーフードといっても過言ではありませんね!          
                     
《蔵元の酒粕の使い方》                
ではここで日常に取り入れられる酒粕の使い方をいくつかご紹介していきます。      
普段馴染みがない方にはハードルが高そうに感じますが、          
意外にも気軽に取り入れられる方法がたくさんあります。          
                     

◎粕汁・甘酒

 

 

 

 

                 
酒粕レシピで一番メジャーなものがこの2つですね。          
甘酒にするにはお湯で煮てはちみつ、生姜などで味を整えて、          
酒粕にするには味噌汁や豚汁に溶かして。            
                     
だし汁に酒粕、醤油、塩だけでも粕汁が作れますよ。          
お好きな具材で作れます。                
                     
本社では余った粕汁にルーを足しカレーにするのがとても人気です!        
カレーにすると酒粕独特の香りや味がかなり消えますので、苦手な方にもおすすめの食べ方です。  
                     

◎お菓子、パン

 

 

                 
パンに入れると酒まんじゅう風になり、ほのかな甘さがおいしいです!        
またクラッカーに入れるとチーズのような風味が出て、チーズクラッカーのよう!      
大人なチーズケーキも♪                
                     
HMと合わせて使えばさらに気軽に使えます。            
いつものレシピに少し足して、パウンドケーキや蒸しパンも!          
                     
アルコール臭さもありませんので、小さなお子様や妊婦さん、お酒の苦手な方でも召し上がれます。  

 

 

 

                   
◎醤油と味噌と合わせて                
同じく発酵食品である醤油や味噌との相性は抜群。            
いつもの調味料に混ぜて少し変化を持たせて使えます。          
                     
                     
その他にも納豆に混ぜてみたり、お魚やお肉を漬けて粕漬けにしたり、といろいろなレシピに♪  
                     
                     
◎パックや入浴剤                  
酒粕は食べるだけでなく、パックや入浴剤としてもお使いいただけます。        
美白、血行促進などの効果もすごいのです。            
                     
蔵元の酒粕はさらさらしているので、              
ヨーグルトやはちみつと混ぜてお肌に塗るのがおすすめです!          
もっちり保湿をすぐに実感できます♪              
                     
ガーゼハンカチに入れて浴槽に入れれば乳白色の酒粕風呂に♪          
                     
                     
                     
中からも外からもきれいになれます!              

 

 

     

 

 

           
                     
酒粕のハードルは思ったより高くないのではないでしょうか?          
想像よりずっと取り入れやすい酒粕。              
nifuの【蔵元の酒粕】をぜひお試しくださいね!            
                     

 

 

いいことづくし!【酒粕】で健康的できれいな体を手に入れる!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします