特別なリネンで夏を楽しむ。ワンランク上を目指す男性に着てほしいリネンジャケット

リネンの一番似合う季節。今ではどれだけ大金を積んでも2度と手にすることの叶わない、世界に1点だけの特別な1着を。リネンジャケットを紹介します。

by nestofmanure

View

809

値段

在庫数

特別なリネンで夏を楽しむ。

編集日時: 2017/04/29 09:27

リネンの一番似合う季節に、今ではどれだけ大金を積んでも、

2度と手にすることの叶わない、世界に1点だけの特別な1着を

 

 

アイリッシュリネンは、高級リネンの代名詞の一つとして、

今も人気と信頼を集めています。

しかしアイルランドでのリネン生産は、原料のフラックス(リネン原料の亜麻)栽培も、

フラックスから糸を紡ぐ紡績も紡糸も、1980年までに全て廃業となり、

現在では織物を作る製織工程を行う工場が、かろうじて残るのみとなってしまいました。

 


本来アイリッシュリネンは、主に北アイルランドで栽培されたフラックスを

アイルランドで糸に紡ぎ、アイルランドで生地にしたものでした。

しかし今、アイリッシュリネンとして販売されている物は、

フランスやベルギーで栽培されたフラックスを、中国やイタリアで糸に紡いで

アイルランドで織り上げる工程のみを行ったものとなっています。

つまりアイリッシュ・リネン・ギルドが管理する商標のみが

残っていて、高品質であることは確かなものであっても

実際はフレンチリネンやベルギーリネンと呼ぶ方が

正しいのかもしれないということです。

 


このジャケットは、アイルランドで本来のアイリッシュリネンが

作られていた1930-1940年頃にイギリスのSteegan社で

仕立てられました。

生地は、1795年から高質なリネン製品を作り出してきた、

北アイルランドのMOYGASHEL社

(今はMOYGASHEL社も廃業し、[The Linen Green]という

ショッピングセンターになっています)の生地が使われた物で、

それは、巷に溢れる所謂「アイリッシュリネン」とは

全く違う正当性の証です。

そしてこの1着は、今ではどれだけ大金を積んでも、

2度と新たに作る事の叶わない、大いなる遺産と呼べるものです。

 


フラップ無しのパッチポケット、

2つボタンのプレーンなVintageだったものを

ボディのフォルムやポケットの変更、

サイドベントや袖の切羽を作り、ライナーを手でまつり付けるなど

空気を含むふくよかな表情と、生地の豊かさをさらに高め、

今と古さを愉しみ繋ぐ1着に昇華させました。

 


流行やブランドや値段の多寡に惑わされず本質を識る

価値観を持った方々の

その人自身を魅せるこの世に1点だけの1着です。

 

 Jacket =1930-1940 Vintage ALTERATION British Made Irish Linen Sports Jacket

[Alteration By Manure Of Drawers]¥76,680 intax

 Store Home

http://nestofmanure.base.ec

 

特別なリネンで夏を楽しむ。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします