一人と一匹、そして一羽の静かな物語。魔女の庭シリーズ

森に棲む美しい魔女は、ちいさな紅茶店を営んでおります。 家族は、黒猫のヴィヴィと、烏のアル。 物語をつむぐようにうまれた雑貨たちです。

by nemunoki paper item

View

48

値段

¥ 770

在庫数

3

一人と一匹、そして一羽の静かな物語。魔女の庭シリーズ

編集日時: 2020/04/14 19:03


2月にリリースしました「Witch's Tea Garden(魔女の庭)」シリーズ。

新作雑貨のための絵を描く時、なんとなく頭の中で物語をつむぐのですが、しっかりと設定を作ったのは今回が初めてかもしれません。


森に棲む美しい魔女は、古くから伝わる魔法でおいしい紅茶を作ります。

黒猫のヴィヴィと烏のアルは、そんな魔女の大切な家族。

一人と一匹、そして一羽の静かな物語がはじまります。


すみれ色は、魔女のブラウスの色。

レターセットやラッピングペーパーなどに美しいパターンを用いています。

細やかなこだわりのあるグッズたちをご紹介させてくださいね。




魔女の庭 ラッピングペーパー


魔女は古くから伝わる魔法で紅茶を作り、小さなお店を営んでいます。

その紅茶店で使われている包装紙をイメージした、A4サイズのラッピングペーパー。

淡い光沢のある純白ロールに、菫色が美しい。




魔女の庭 レターセット


レターセットも自慢のひと品。

細かな線画を使ったパターンだったのと、印刷表現の難しい淡い菫色だったことから、普段よりもクオリティを上げた印刷方法で依頼しました。

とても綺麗に、そして鮮明に仕上がっており、感激です…!

紙もおなじみの上質紙からグレードアップ。白猫と黒猫の便箋で使ってみて大好きになったグランベールです。

しっかりした厚みがあるのに、ふんわりとした感触。紙の質感を楽しめる素敵な紙です。

封筒に選んだのは、深みがあるのに優しい鉛色。

こちらも厚手のしっかりした作りのコットン封筒です。

個人的に、無地の封筒から美しい柄の便箋を取り出す、そのひとときが大好きで。

こだわりのレターセット、たくさんの方に使っていただきたいです。




魔女の庭 ミニメモパッド


レターセット、ラッピングペーパーと同じすみれ色が美しいメモパッド。

書くスペースが狭いのかもしれませんが、それでもこのデザインで作りたかったのです。

ひと言添えるのにちょうどよいサイズ。タグのように使ってもかわいいですね。




魔女の庭 ポストカード(黒猫のヴィヴィ/烏のアル)


魔女の家族、黒猫のヴィヴィと烏のアル。

それぞれおすましした様子をポストカードにしました。

金色のインクで刷り上げた星とロゴがポイント。

官製はがきりも厚手のディープマットという紙で、高級感のある仕上がりになりました。



魔女の庭シリーズは、これからも続きます。

夏に向けて新しいグッズも制作中。

小さな森の中の紅茶店、好きになってもらえたら嬉しいです。




nem


一人と一匹、そして一羽の静かな物語。魔女の庭シリーズ

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします