❤新発売!セントジョーンズワート油[化粧油]

セントジョンズワートの成分ヒベリシンの色素がオリーブオイル浸出され赤く染まっています。 少量を手のひらに出して、指や関節などを優しくセルフマッサージしてみてください。

by N'Sアロマ ナチュラル&オーガニック

View

73

値段

¥ 3,740

在庫数

2

❤新発売!セントジョーンズワート油[化粧油]

編集日時: 2019/07/09 17:30

セントジョーンズワートをオリーブ油に浸出させたオイルをご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-

学名 Hypericum perforatun L.

科名 オトギリソウ



写真は  コチラからWikipedhia

<主な成分と作用>

2-メチルオクタン37.1%

α-ピネン31.4%

β-ピネン10.7%


γ-アミノ酪酸・・・鎮静、抗不安、睡眠導入

ルチン・・・抗酸化」、抗炎症、認知予防

ケルセチン・・・抗酸化、抗炎症、血糖値上昇抑制

ヒペリシン(フラボノイド配糖体)・・・着色、抗うつ 


*-*-*-*-*-*-*-*-

 


日々、お肌や身体ケアや予防を自分でできたらいいですよね!

更年期世代になると、使い過ぎた指の関節、歩くのを頑張った日の膝など痛くなるときがあります。

PCを頑張って、指や手が痛いとき・・・

そんなときに、セントジョンズワートオイルを使って優しくセルフマッサージをすることをおすすめします。

セントジョンズワートの浸出油は、欧州ではリューマチの治療に使用されることもあるオイルです。

また、月経痛のあるときに、お腹と腰をセントジョンズワートオイルでマッサージすることもよくされています。


・病院を受診したら異常はないといわれた方

・加齢のせいといわれた方

・日々自分をケアしたい方


1~3mlほど手のひらに出して、指や関節などを優しくセルフマッサージしてみてください。

セントジョンズワートの成分ヒベリシンの色素がオリーブオイル浸出され赤く染まっています。

オイルの色は赤い色です。

香りは、ゴマ油に近い薄い香りですので、気になりません。

お好みで、精油を数滴加えても使えます。



理科の実験のような遮光瓶にてお届けします。


日々のちょっとした関節や筋肉の痛みを、セントジョンズワートオイルでケアして
毎日を明るく前向きな気持ちで過ごしましょう~!

*-*-*-*-*-*-*-*-

<ご注意とお願い>
日本の法律ではこのセントジョンズワートオイルは化粧品です。
治療目的では使えません。
自己責任の元、お使いください。
まずは、心身の異常や違和感は、医療機関で診察を受け、治療が必要であれば治療をお受ください


❤新発売!セントジョーンズワート油[化粧油]

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします