シルク100%の腹巻の正しい洗濯方法と妊娠中の冷え対策アイテム フィット感がある腹巻をお探しなら

シルク100%の腹巻は妊娠中の体を冷えから守るおすすめのアイテムです。こちらでは、フィット感のあるシルク100%の腹巻を販売するMUNNYが、妊娠中の冷え対策アイテムと、シルクアイテムのお手入れ方法をご紹介いたします。

by ナイトキャップ・マタニティホームウェア / Munny(ムニー)

View

14

値段

¥ 2,280

在庫数

6

シルク100%の腹巻の正しい洗濯方法と妊娠中の冷え対策アイテム フィット感がある腹巻をお探しなら

編集日時: 2021/02/23 22:50

妊娠中の冷え対策に役立つアイテム


マタニティ期には、冷えを防ぐためのアイテムを意識的に取り入れたいものです。冷え対策アイテムにはどのようなものがあるのかチェックしてみましょう。


◇マタニティ腹巻を使ってみよう

お腹は赤ちゃんがいる場所なので、冷やさないよう万全の対策をしておきたいものです。お腹を触ったときにひんやりと冷たい感じがするときには、集中的に温めるよう心がけましょう。

フィット感のある腹巻を使えば、パンツスタイルやパジャマスタイルのときにもお腹周りがスッキリとしたシルエットになります。


◇靴下やレッグウォーマーで冷え防止

足首や足先は血流が行き届きにくいポイントです。冷えを防止するために、靴下やレッグウォーマーを取り入れましょう。サイズのきつい靴下やレッグウォーマーを使うと血流が悪くなるので、ゆるめのものを選ぶのがおすすめです。


◇カイロや湯たんぽも取り入れてみよう

冷えが気になるときにはカイロを使ったり、湯たんぽで体を温めたりするのも効果的です。近年では電子レンジで温めて使うカイロも販売されているので、ぜひ活用してみましょう。


◇マタニティレギンスも効果大

お腹まですっぽりとカバーできるマタニティレギンスもおすすめのアイテムです。マタニティレギンスは妊娠中のワンピーススタイルに合わせやすい上に、下半身の冷えを効果的に防いでくれる嬉しい効果もあります。

妊娠後期まで着回せるようなもの、おしゃれで使い勝手のよいものを選んでみましょう。


ホームウェアブランドMUNNYでは、フィット感抜群のマタニティ腹巻を取り扱っています。シルク100%で快適に使える腹巻をぜひ使ってみてください。


シルク100%の腹巻はこちらhttps://munny.official.ec/categories/3098345


シルクの腹巻の正しい洗濯方法


つややかでソフトな風合いのシルク100%の腹巻は、肌触りがよくフィット感があり、使いやすいのが特徴です。おしゃれなシルクの腹巻を長持ちさせるためには、お手入れの方法に気を使うことが大切です。
シルクの腹巻を洗濯機に入れて洗ってしまうと、傷みが起きることがあるので要注意。長持ちさせるためにも、丁寧に手洗いしましょう。

まずは、洗い桶に20℃くらいのきれいなぬるま湯を用意し、ここにおしゃれ着用洗剤を溶かします。次にシルクの腹巻を裏返しにして、お湯の中を泳がせるように数回振っていきます。気になる汚れがあるときには、軽く押し洗いをしましょう。
時間を掛けすぎるとシルクが傷んでしまうので、数回振り洗いをしたらすぐにすすいで洗剤を落としていきます。桶にぬるま湯を用意して腹巻を泳がせるようにし、お湯を取り替えながら3回ほどすすぎましょう。

すすぎが終わったら軽く水をきり、吸水性の高いバスタオルに包むように軽く押して脱水していきましょう。あとは、直射日光の当たらない場所で干せばOKです。シルク製品は速乾性があるので、シワにならず短時間できれいに乾いてくれます。

シルク製品の洗濯は慣れれば簡単なので、お手入れについてあまり心配する必要はありません。妊娠中の冷えを予防したいなら、MUNNYのシルク100%の腹巻を、ぜひ使ってみてください。

フィット感のあるシルク100%の腹巻を販売するMUNNY

妊娠中の体の冷えはママや赤ちゃんの体に悪影響を及ぼすことがあるので、十分な対策をしておきましょう。体を温められる腹巻やマタニティレギンスを取り入れたり、カイロや湯たんぽを使ったりと工夫してみてください。

MUNNYでは、フィット感のあるシルク100%の腹巻を販売しています。マタニティ期の体をぽかぽかと温めてくれる人気の腹巻は、お手入れもそれほど難しくありません。快適なマタニティライフを過ごすためにも、ぜひシルク100%の腹巻を使ってみましょう。

シルク100%の腹巻の正しい洗濯方法と妊娠中の冷え対策アイテム フィット感がある腹巻をお探しなら

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします