グラフィティの楽しみ方 アーティストの生態 日本の壁画 有名な作品

グラフィティの考察

by MoL Art Club

View

64

値段

¥ 24,000

在庫数

0

グラフィティの楽しみ方 アーティストの生態 日本の壁画 有名な作品

編集日時: 2020/11/16 11:09

 

そもそもグラフィティって何なの?

 

グラフィティってカッコイイ響きだけど直訳すると落書きです。

 

基本的には文字を崩して自分の名前を落書きする行為から始まってます。

 

一般的にはアルファベットが使用される事が多いのですが

 

ひらがなや漢字、絵柄なども使われます。マジックで書いた小さなヤツから

 

ステッカーに書いて貼付けられたもの、2m越えの大きなスプレーペイントも

 

基本的にはサイン、書いた人の名前を書いてるパターンが多いです。

 

ラッパーが自分の名前やレーベル名、仲間の名前とかを

 

連呼するのと似てる気がする。

 

 

作品のメイキング動画
トリプルファイヤーの「今日は寝るのが一番よかった」を拝借してます。


 

みんな有名になりたくて、自分の名前をでかでかと書いていくんだけど、

 

日本の街で見かけるのは、比較的下手くそ(手の込んでない)なのが多い気がします。

 

自分も絵描きなので分かるんだけど、たくさん描いて数をこなさないと

 

カッコイイ作品は、なかなか出来ないです。

 

街中でカッコイイきれいなグラフィティを見つけたら、

 

そうとうたくさんの絵を描いてきて、危ない目にもあいながら

 

上手くなったグラフィティーアーティストの作品だと思ってください。

 

 

あと電車とか乗っててメチャクチャな所、

 

どうやって描いたか分からない所に描いてる作品とかもありますよね?

 

あれとかも勲章のひとつで

 

「俺はこんなところにこんな大作を描いてやったぜ!」

 

って仲間に自慢できるんです。

 

ただ僕が思うに、電車とかからしか見えないところは逆にオデコ(警察)

 

にも見つかりにくいし人通りもないから、いいスポットを見つけたら



無双状態になれるのかもww

 

 

作品集 

youtu.be


自分の名前ばかりかというとそうでもなくて、

 

アーティストの中には、社会に対しての不満や

 

権力者に対しての深いメッセージとかを描いたりする人もいます。

 

その中でも一番有名なのがバンクシーです。

 

 

彼も昔はエアゾールを使ってフリーハンドで描いてたらしいけど、

 

途中からステンシルを多用するようになりました。

 

ステンシルはあらかじめ自分で描いた絵の型をとっておいて



いざ現場では細かいディテールとかを描かない手法です。



同じ型を使えば同じ作品を量産することもできます。

 


正直バンクシーのコスパはやばいです。

 


元zozoの社長前沢さんが購入して話題になったバスキアの絵でも

 

二日、三日は描き上げるのに時間を要したと思います。

 

それでもアート界ではかなり簡単な工程で完成してる作品です。

 


今後バンクシーが死んだあとに彼のキャンバス作品が

 

バスキアの絵を超えたらコスパ最強になると思います。

 

ステンシル作成も含めて2時間くらいで描けるものが多いですからww

(あくまでも僕の想像です)

 

 

僕の作品。完成まで5、6時間くらいwww (販売済み)

f:id:molmot555:20201021170237j:plain
 


HIPHOPとグラフィティ

 

僕がヒップホップと出会った20年前くらいは、

 

HIPHOP、B-boyは4つの要素でできていると言われていました。

 

ラップ、DJ、ブレイクダンス、グラフィティです。

 

向こうの不良は日本のそれと違ってアートと振興が深いということがわかります。

 

だって日本のヤンキーはせいぜい「○○参上」とか「夜露死苦」

 

くらいしか書きませんからねw

 

 

 

最近知ったのですが、アフリカバンバータが個人的に提唱した

 

ヒップホップの要素は上記の4つを含めて9つあるそうです。

 

その中に、言語(スラングって意味かな?)とか服装とか

 

起業精神っていうのも入ってます。

 

一部のラッパーが「ビッチ、ファック!」とか言いながら、

 

プッシャーになって、マリファナやコカインを売って生計を立てているのは、

 

このアフリカバンバータが提唱した"起業精神”という

 

素晴らしい理念から来てるのです。

 

 

 作品の制作風景

youtu.be

 
描いてある意味
 
話はグラフィティに戻しますが大きく描かれた名前の後ろとかに
 
”ONE”って書かれてるものが、たまにありますがソレは一人で活動してますよ!
 
って意味らしいです。
 
グラフィティアーティストは個人でやってる人もいれば、4,5人で
 
グループを作って活動してるチームみたいなのもあります。
 
だから、一人で描いてる人は”ONE”って描いてるようです。
 
チームで描いてる人たちは”○○crew(クルー)”とかチーム名を描いたりしています。
 
 
 
最後に
 
これからは街で見かけるグラフィティ作品も色んな見方ができそうです。
 
僕はまだ外壁には絵を描いたことがないので(夜な夜な描きに行く年でもないし、
 

度胸もない)ビルのオーナーさんがこの記事を見ていたら、ぜひご用命ください。

 

 

この記事を描いたのは

f:id:molmot555:20201014152329j:plain

MoL.
Profile
1980年福岡県久留米市生まれ。
1997年デザイン科の高校を中退、美容師などを経験
2000年から2014年まで、東京でアンダーグラウンドな生活をおくり。
2019年、それまで6年間やっていた東京四谷の飲食店を、任せていた店長の謀反、横領などにより廃業。
副業だった絵を仕事にしてみたいと思い、一念発起。
現在は久留米に戻りアート作品やオリジナルの洋服などを販売するネットショップを運営している。
ヒップホップ、ラジオ、サッカー好き

 

原画は販売しています。
絵のお仕事、オーダーなどもやらせていただきますので、気軽にご連絡ください。

MAIL:molmot555@gmail.com
LINE:molmot55
Instagram:@molmot_art


#hiphop #現代アート #モダンアート #デザイン 

グラフィティの楽しみ方 アーティストの生態 日本の壁画 有名な作品

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします