1970年代のイギリス軍用時計が、現代の技術で蘇る:WMT Milspec-W20

1970年代のミルスペックの時計が、エイジド加工と共に登場。

by MWM FUKUOKA (WMT WATCH ONLINE STORE)

View

270

値段

¥ 33,880

在庫数

1

1970年代のイギリス軍用時計が、現代の技術で蘇る:WMT Milspec-W20

編集日時: 2021/04/16 11:45




WMTの新しい意匠のカスタマイズ、Milspec-W20

先立って入荷しましたノンエイジドは既に完売致しましたが
今回は、オールエイジド加工のモデルが入荷しました。


恐らく1971年に発行されたイギリス国防省のミルスペックDefence Stanndardに基づき
再現されたと思われる一般兵士用軍用時計のカスタマイズ。
同スペックで、陸空軍ともに納品されていたと思われます







今回入荷のカスタマイズは、そのCラインケースの再現やレイルウェイインデックス
ブロードアローや、Tマークなど完成度のみならず、そこに施されたエイジド加工が
この上ない魅力となっているのです。

ノンエイジドバージョンでは、白かったアラビアインデックスも
見事なエイジド加工により、リアルなムラのあるパティーナカラーへ変貌を遂げております

Tマークが入れど、今現在の腕時計はルミノヴァ夜光となります
それすら忘れさせてくれるハンズの夜光塗料は、まさにトリチウムなカラー。









ケースのエイジド加工は、お客様お好みが出るのですが
このカスタマイズは、控えめなケースのエイジド加工でトーンを抑えた程度で
お使い始めから、馴染みやすい凄くバランスの良いエイジド加工となっております









逆に裏蓋にはエイジド加工は施されておらず、気持ちよくお使い頂けます。

裏蓋に刻まれたミルスペックとW10のコードも憎い演出ですね。










ストラップは、WMTオリジナルのブロードアローがプリントされたもの
WMTのラインナップ同様に当店も、双方のカラーをご用意させて頂きました。









1971年に発行されたミルスペックでは手巻きになるのですが
今現在に於いて、手巻きはゼンマイ切れやメンテナンスなどリスクが高めです。

動画をご覧くださいませ。
そうなんです、手巻き時計の様に秒針が動くメカクォーツを採用しているのです
これでメンテナンスも安心ですし、ローコストも再現出来たのです










軍用時計は、その研ぎ澄まされたデザインが多くの人を魅了し
かなり格好良く、憧れのヴィンテージウォッチの1つです。

ここ最近のヴィンテージミリタリーウォッチの異様の様な高騰とメンテナンスのリスク
放出品だったイメージから、コレクタブルと一挙に一転してしまいました


そんな憧れをまた1つWMTが叶えてくれた、そんな時計と思います





MWM FUKUOKA




1970年代のイギリス軍用時計が、現代の技術で蘇る:WMT Milspec-W20

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします