【動画有】WMT SEA DIVER SUB-MILUS 幻の時計がWMTのカスタマイズで登場!

WMT SUB-MILUS MKⅠ、遂に入荷です!

by MWM WATCH EXPERIMENTAL STORE (WMT WATCH JAPAN HEADSHOP)

View

336

値段

在庫数

【動画有】WMT SEA DIVER SUB-MILUS 幻の時計がWMTのカスタマイズで登場!

編集日時: 2021/02/05 21:30




先週に引き続き、嬉しい本国限定カスタマイズの入荷です

サブミリアスと名付けられた、このカスタマイズ
実は、このモデルで第3弾となります。
それも含めて、当モデルをご紹介していきたいと思います






腕時計にとって、悪影響を及ぼす物は何でしょう
大きく上げられるのは、落下などの衝撃と磁場です

落下は当然ながら、外装の破損にダイレクトに影響しますし機械式時計取っては大きな故障の要因のひとつです

もうひとつの磁場ですが、これはある程度磁気帯に関して強くなった現代の時計でも起こりうる現象で
逆に電化製品が多くなった現代は携帯電話や、女性のバッグのマグネットなども
磁気帯を引き起こしてしまう原因となってしまいます






現代ほど電化製品が無い時代、1950年代にスペシャリスト用として
耐磁の腕時計が開発されました。

当時、どれだけの方が磁場が強い場所に従事していたかは不明ですが
まだ高い防水性の時計も少ない時代ですので、磁場にはてきめん時計は弱かったと考えられます
そういった経緯で、当時は開発されたのではないかと考えられます








先ほど、第3弾と申し上げましたが
第1弾と第2弾は、検索でよくお目にかかるスチールのインデックスのダイアルでした。

そのオリジナルのデザインは、当時としては強烈なインパクトのデザインでした
耐磁性をアピールしたハンズは、近年メゾンでも採用されておりました

そのヴィンテージに関して、検索していると
特殊なモデルにも関わらず、かなりのバリエーションを見受けます
ただ、現物の画像はいくつかの限られたもので
極稀にプロトタイプではなかろうかと思われる個体があります








このサブミリアスのGEN3(第3弾)は、恐らくそのプロトタイプからのインスパイアと考えられます

GEN1, GEN2と比べ、全体的にスタンダードとなりながらも
ディンプルの様なハニカムダイアルは、見事な作り込みとなっております








そして、ベゼルの素材を当時を忍ばせるブラス(真鍮)製にしております。
そこにケースのエイジド加工を施す事により、下地のブラスがチラ見えする憎い演出となっております

このベゼルがブラス製のヴィンテージは、1960年代には姿を消しステンレスへと変わりました。








サブミリアスは、シーダイバーの派生ながらスモールクラウン仕様
これもヴィンテージファンにとっては、嬉しい仕様変更です







WMTのラインナップでは、高額なラインですが
ブレスレット仕様に、ブラスベゼル&ケースのエイジド加工故に
1番手が込んでおり、このオーラは所有される方の触手を多いに刺激してくれると思います







本国のHPに記載があります様に、サブミリアスは耐磁時計ではありません。
しかしながら、思わず耐磁時計と錯覚してしまうルックス

他のお時計と同様に、強力な磁場にはご注意下さいませ


このサブミリアスも、本国限定50本の中から少量の入荷です

因みに、サブミリアスの「ミリアス」は人名の様です




MWM FUKUOKA



【動画有】WMT SEA DIVER SUB-MILUS 幻の時計がWMTのカスタマイズで登場!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします