外しのテク:敢えてラグ間にサイズ違いのストラップで隙間を作る所作 Part.2

当店別注のヴィンテージスタイルストラップ19mm幅をラグ幅20mmの時計に装着してみました!

by MIZORAH WATCHMAN 腕時計ベルト専門店

View

112

値段

¥ 3,990

在庫数

5

外しのテク:敢えてラグ間にサイズ違いのストラップで隙間を作る所作 Part.2

編集日時: 2018/10/09 18:57

 

 
前回、MNストラップでラグ間に隙間を敢えて作ったお話を差し上げました。
 
今回は、当店別注のヴィンテージスタイルストラップを装着して
敢えての所作を、行ってみました。
 
当店の別注ストラップの第2弾は、非常に珍しい19mm幅。
これは、国産ヴィンテージウォッチユーザー様のニーズを反映させて頂き
BAMBIに別注を掛けたのです。
 
実は、当店オーナー
このストラップをラグ幅20mmの時計に装着して、隙間を作ってみようと考えておりました
 
 
 
 
そして、その為だけに
この時計を海外から個人輸入したのです
 
この時計は、密かに話題になっている
セイコーのファーストダイバーのオマージュウォッチです。
 
セイコーからも去年復刻が出ましたが
凄い人気でプレミアと、予約も出来ない様な状況でした。
もちろん、価格帯もお高く庶民的ではなくマニア向けな時計でした
 
この時計は、某オークションなどで実勢35000円ほどで
当店でも将来輸入できないかと検討中で御座います
 
 
 
 
 
 
 
 
2mmの隙間は、だいぶ目立ちますが
1mmですと使い込んだレザーストラップで緩みが出た程度の印象です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
装着後もさほど気になりませんし、むしろこの隙間にヴィンテージ感を感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

真上から見た印象です。

 

どうでしょう?

当店オーナーは、この絶妙な隙間が、通常の時計とベルトのバランスを崩し

双方を引き立てる事に一役かっていると考えております。

ファッションで言えば、クロップド丈のパンツのイメージでしょうか

 

今回、装着した個体はヴィンテージのオマージュでしたが

現代的デザインの時計でやってみるとどうか、非常に楽しみで御座います。

 

 

 

 

 

 

 
19mm幅の時計のオーナー様だけでなく
是非、20mm幅の時計のオーナー様もお付け頂きたいストラップです
 
少しは、印象が伝わりましたでしょうか?
 
 
因みに、トップ画像はオーナーがインスタグラムのストーリーで
フォロワー様にアンケートをとった画像です。
 
結果は、なんと…
 
 
80%ほどのフォロワー様が良いをお選び頂きました!
有難う御座います。
 
今まででの定石から外れた事にトライするのは勇気が入りますが
その反面、結果が非常に楽しみです。
 
 
 
ミゾラーウォッチマン

 

外しのテク:敢えてラグ間にサイズ違いのストラップで隙間を作る所作 Part.2

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします