この夏新規オープンの手描きTシャツショップ!商品開発の苦闘ストーリーを完全公開!

どうしてTシャツに手描き?商品開発への思いのたけをぶつけました。一読の価値あり!

by Misekiss the Online Shop

View

52

値段

¥ 2,500

在庫数

1

この夏新規オープンの手描きTシャツショップ!商品開発の苦闘ストーリーを完全公開!

編集日時: 2018/07/06 16:19

 

こんにちは。

Misekiss the Planetです。

 

このショップは、音楽やアートの作品を制作していた筆者Misekiss the Planetが、心機一転して今年の6月に始めたオリジナルショップです。

 

TシャツといえばプリントTシャツを思い浮かべるかと思いますが、Misekiss the PlanetはTシャツ一枚一枚にペンで直接ドローイングしています。プリントは一切していません。

手描きは生産に時間もかかりますし、管理も大変です。

今回は、なぜそこまでして手描きにこだわるのか、その経緯などをお話しできたらと思います。

 

 

ハンドペイントでTシャツを作るためには、たくさんの試行錯誤が必要でした。

はじめはまっすぐに線を引くこともできず、いきなり苦戦。

そのため、布にスムーズ線を描くための方法から考えました。

 

いろんなブランドのTシャツを発注して品質を見て触って確認したり、布に描けるインクもたくさん試しました。

中には2回洗濯しただけで色が薄くなってしまうものもあり、商品化できなかったTシャツも何枚もありました。

 

 

 

 

イラストがかわい描けくても、実際に着てみると全く魅力的じゃなくてショックを受けることもありました。

ちょっとしたイラストの大きさで、Tシャツ全体の印象が大きく変わるんです。

 

プリントは大量生産できるのがメリットですが、そうやって実際に着てたくさんのデザインを試すのに時間がかかります。

そのためMisekiss the Planetは、自身で描いては着て、描いては着てを繰り返しながら、ハンドペイントでも”手作り感”がありすぎず、実際にファッションとして楽しめるようなクオリティの高いTシャツを目指しました。

 

 

 

 

アクリル絵の具でのペイントも試みましたが、結果モノクロのらくがきに、ボディは白とグレーのシンプルな2色を採用することによって、どんなファッションにも合わせやすくしました。

らくがきのタッチ質感も、絵としても可愛いのはもちろん、且つファッション性を高くすることを重視しました。

 

最後に一点一点に個性的な名前をつけてあげて、完成です!

 

T-shirts ”お利口ロックはオリコンポップ”

 

 

Tシャツって、老若男女誰にでも着れることが一番のいいところだと思います。

なのでMisekiss the Planetでは身近な方にモデルをしていただき、コーディネートは全て私物で彼ら自身にしてもらっています。

着こなす人によって全く違う表情を見せるTシャツたちに、私自身毎回驚いています!

 

 

 

 

さて、Misekiss the Planet の商品開発秘話(?)、お楽しみいただけたでしょうか。

手描きなのでどうしてもペースは遅くなってしまうのですが、今後も商品をたくさん追加していきますので、ぜひフォローしてくださいね!

画像加工にも地味に時間を描けているので(笑)、インスタの方もチェックしていただけたら嬉しいです。

 

インスタグラム⇩

https://www.instagram.com/misekiss/

 

あなたの訪問を 心からお待ちしています!

 

 

 

追伸:

Misekiss the Planetは日本では9月迄の限定ショップです。

その後は1年ほどカナダに拠点を移す予定ですので、気に入った品物はお早めに!

 

 

この夏新規オープンの手描きTシャツショップ!商品開発の苦闘ストーリーを完全公開!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします