日本最古のアクセサリー、勾玉はいかがですか?

アベンチュリンという天然石は透き通る深緑の輝きを与えてくれます。身に付ける者の精神をリラックスさせ、癒しと安らぎを与えるヒーリング効果を与えてくれるとも言われてますので忙しい社会人、学業に追われている受験生、育児に奮闘するお母様など。忙しくされている方にオススメのパワーストーンです。

by Minowand-ミノワンド-

View

900

値段

¥ 4,560

在庫数

10

日本最古のアクセサリー、勾玉はいかがですか?

編集日時: 2017/06/19 10:45

Minowandです。

本日はアベンチュリンという天然石を使った勾玉(まがたま)ネックレスをご紹介。


勾玉は別名「曲玉」とも書きますが先史、古代の日本における装身具の一つに数えられます。

つまり、古代日本人は勾玉をアクセサリーとして身に付けていたということです。

 

 

 

 

 


ちなみに特徴的な形ですが、元が動物の牙という説。

母親の胎内の中にいる胎児の姿を現しているという説など。

様々な説が伝承されているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 


また現在では神社などの守りとして販売されてますが、祭具としても扱われ、今も伝統は受け継がれています。

尚、皇室に伝わる三種の神器の一つ。

八尺瓊勾玉も有名ですが、…天皇陛下が生前退位するにあたって歴代天皇に受け継がれる三種の神器に贈与税が発生するとも話題になっています。


最後はあまり商品に関係ないネタですが、宜しければ是非、掲載ページから商品をチェックされてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

日本最古のアクセサリー、勾玉はいかがですか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします