シルバーなのに黒い?いぶしの黒色がかっこいいリング

シルバーアクセサリーの燻し加工の話

by meion

View

5K

値段

¥ 3,700

在庫数

5

いぶしの黒色

編集日時: 2016/03/27 00:50

私はいぶしの黒の色にとても魅力を感じます。


シルバーアクセサリーを長時間使用せずに置いておいたり、温泉に漬けてしまった際に色が黒く変色してしまうことがあるかと思います。

それは、硫化という化学反応が生じたためなのですが、その特性を利用してシルバーを黒く加工する方法があります。

メッキなどで色をつけることも可能ですが、燻し加工によってつけたいぶしの黒は、使い込むうちに色が馴染みそしてだんだんと薄くなっていく。。もちろん燻しを掛け直せば元の黒さに戻すこともできますが、私はその変化をとても愛おしく感じるのです。


meionでは、燻しを生かしたデザインのアクセサリーを何点か提案しております。


↑こちらのリングは縦に彫った線にいぶしを施し、よりくっきりと、シャープな印象に仕上げています。

↑こちらは、幅広のリングに燻し加工を施し、そのあとに表面をランダムに削りまだら模様を出しています。


↑丸線のリングにも燻しを施すことによって、シンプルなデザインながらとても存在感のある印象となっています。

こちらのリングは2mm、1.5mm、1mmと三種類のご用意がございますのでお好みの太さをお選びいただけます。


普通のシルバーも素敵だけれど、一味違うものが欲しいなという方に、いぶしシリーズはとてもおすすめです。

シンプルだけれどコーディネートをピリッとしめてくれる、強い印象の燻しリング、是非当ショップにてご覧ください。


meion


いぶしの黒色

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします