ヴィンテージの瓶をインテリアのアクセントに

古いモノを、気を張らず気軽に日常に取り入れてみませんか?

by まるや

View

70

値段

¥ 6,600

在庫数

1

ヴィンテージの瓶をインテリアのアクセントに

編集日時: 2020/06/09 09:13



「まるや」では、古今東西の手仕事品も扱っていますが、今回はイギリスのヴィンテージ瓶をご紹介します。ヴィンテージ瓶の魅力は、現代の量産瓶には無い「ムラ」にあります。生地の厚みにムラがあったり、製造時のキズなどもむしろ良い味わいになっています。一つ一つの表情が違って、一期一会な存在は、インテリアにも活躍すると思います。


こちらの瓶は、イギリスの薬瓶。形もちょっと珍しい角瓶で、首の部分がググッと絞られています。絞りの工程で出来たシワが、硬い素材なのに柔らかさを感じます。


現代のジャム瓶などは口にスクリューがあるものが多く、インテリアというよりは保存瓶向きですが、昔の瓶はコルクやガラス共蓋が多いのか口のデザインがスッキリしています。なので、花瓶やアロマディフューザーの容器にしてもしっくりきます。


また、この瓶は色も魅力です。なんとも深く明るい青。古い瓶にはもっと濃い青が多い気がしますが、この色はさすがイギリスと思ってしまう微妙な色合いです。生地のゆらぎもあって、単色ながら単純に見えません。


いくつか違う瓶を並べた画像は、色々なヴィンテージ瓶を一輪挿しにして並べています。バラバラの瓶でもグラデーションになっているとまとまりが出ますよ。日本のヴィンテージ瓶もアップしていますので、よろしければチェックしてみてください。



ヴィンテージの瓶をインテリアのアクセントに

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします