久留米絣考案者の井上伝から命名した、アンティークビーズを使った久留米絣のネックレス

「伝」と名付けて作っているネックレスの説明です。 それぞれの素材の簡単な説明とこだわりの紐、仕上げについて解説しています。

by アンティークビーズアクセサリー工房 marujyu to c

View

2.3K

値段

¥ 38,880

在庫数

0

編集日時: 2016/02/02 21:18

“伝”は、久留米絣を考案した、井上伝の「伝」と
伝統、伝承を伝えるアンティークビーズの「伝」です。
久留米絣を織る為の糸を使って1本1本作った紐に 、
希少なアンティークビーズを通し、絹糸を使い丁寧にネックレスに仕上げています。

こちらも「糸」と共に marujyu to c の定番ネックレスとして作っています。
素朴な表情の紐に、個性あるアンティークビーズ。
まさにオンリーワンです。

伝 古代水晶 

護符として使われていた水晶をトップに使った「伝」
ふっくらとした形と自然のクラックから生まれる虹が石の中に見えます。

伝 貼目玉

こちらも護符として使われていたビーズ。
ガラス製です。
目は悪魔を祓うとされる、お守りの代表的なモチーフです。

伝 ルリスタン青銅

今から3000年前、イラン・ルリスタン地方の青銅器時代に製造されたパーツ。
馬具の装飾用として作られたものです。 
馬・牛などの大型動物を制御することで、人類は文明を発達させてきました。
その古代文明と共に生まれた素材です。

バレンタインも近いので、プレゼントをお探しの方も多いかと思います。
アンティークビーズは、男性にもファンが多い世界です。
本物を知る、骨董に造詣の深い男性にも喜んで頂ける品と思います。




伝

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします