農薬や肥料を使わず、草生栽培をし、蜜蜂を飼い、育てた みかんの王様「たんかん」。奄美・かけろま島から

「お日様のたまご」を思い起こさせる丸くて濃いオレンジ色のみかんん「たんかん」。 甘いだけではない、酸味とのバランスがとても良いみかんです。皮が硬いですが、中身はとてもジューシー。 農薬や肥料を使わないで、草を生やし、蜜蜂に受粉させ育ててきました。 2月3月の果物は「たんかん」で決まり!!

by marsa(まーさ) かけろま島・無添加ジャムとはちみつの通販

View

1.3K

値段

在庫数

農薬や肥料を使わず、草生栽培をし、蜜蜂を飼い、育てた みかんの王様「たんかん」。奄美・かけろま島から

編集日時: 2017/02/02 16:42

  奄美・かけろま島に引っ越してきて丸10年。

山の上から見た私が住み、畑のある嘉入集落です。

 

農薬や肥料を使わないで、草を生やし、蜜蜂に受粉させ育ててきました。

苗から育てた「たんかん」の収量が、ようやく販売できるぐらいになりました。 

 
たんかんの花


たんかん畑の養蜂

 










 甘いだけではない、酸味とのバランスがとても良い「たんかん」。皮が硬いですが、中身はとてもジューシー。

 ビタミンcが普通のみかんの2倍あると言われています。糖度15.1度。全てがこんなに甘いわけではありませんが

 

 皮が硬いのでナイフでオレンジを食べる時のように切ると食べやすいです。

とてもジューシーなので喉の渇きを潤してくれます。

甘みの強いみかんですが酸味も効いているので後味がさっぱりとしています。

この時季「コレ」といった果物がパッと浮かびませんが、一度食べたら

 2月、3月の果物は「たんかん!!」と言ってもらえると思います。

 ご購入はこちらから

農薬や肥料を使わず、草生栽培をし、蜜蜂を飼い、育てた みかんの王様「たんかん」。奄美・かけろま島から

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします