母の日といえばカーネーション。今年は種から育ててみてはいかがでしょう。

もうすぐ母の日です。料理好きなお母さんには普段使えるキッチングッズ、読書が好きなお母さんへは図書券など、好みに応じて様々な母の日のプレゼントがあると思います。そんなプレゼントと一緒にセットでいかがでしょうか。種から育てるカーネーション。

by mag Online Store

View

1.8K

値段

¥ 594

在庫数

0

母の日といえばカーネーション。今年は種から育ててみてはいかがでしょう。

編集日時: 2016/05/01 13:53
こんにちは。雑貨magです。

2016年の母の日は5月8日ですね。
何を贈るか決まりましたか??

料理好きなお母さんには普段使えるキッチングッズ、読書が好きなお母さんへは図書券など、好みに応じて様々なプレゼントがあると思います。そんなプレゼントと一緒にぜひセットで贈ってほしいアイテムをご紹介します。

母の日といえばカーネーション。切り花を買ってきて渡すのもいいですが、今年は種から育ててみませんか??

egg ling


たまごのパッケージのようなケースに入った、egg ling
種や培養土もセットになっているので、そのまま植物を育てることが出来ちゃう栽培キットなんです!

パッケージを開けると、陶器で作られたたまごが入っていますので、丁寧にたまごの上部を割っていきます。
強くたたき過ぎると、全体が割れてしまうので、スプーン等でそっと割ってくださいね。

すでに種はたまごの中に入っていますが、セットになっている予備の種を1/3ほどまくと発芽率が良くなりますよ。

受け皿の上に置いて、水がしみ出すまで上から少しずつ水をかけてください。
※受け皿はセットになっていないので、ご用意ください。

発芽するまでは土の表面が乾かないように十分注意しながら水を与えてください。受け皿の水も切らさないように注意してくださいね。


だいたい5日ほどで芽が出てきます。
発芽後は適度に日に当て、土を掘り起こさないよう霧吹き等で、やさしく水を与えてください。

苗の葉も3~4枚ほどになったら、丈夫な苗を残し、隣同士の葉が重ならない程度に間引きして育てます。
苗を大きくしたい場合は一回り大きな鉢に市販の培養土を入れ、たまごごと植えてしまってください。

こんな感じで花が咲きますよ。

カーネーションの他にもミニバラと四つ葉のクローバーも取り扱ってます。

こちらもよろしくお願いします。
ホームページ http://magetp.com









母の日といえばカーネーション。今年は種から育ててみてはいかがでしょう。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします