チャレンジショップ内で店舗販売はじめました。アートの販売(ドローイング原画)

アートの販売(ドローイング原画)

by art+design Ma.

View

344

値段

在庫数

アートを生活に取り入れませんか?

編集日時: 2018/09/18 23:07

 アートをもっと気軽に生活に取り入れてみませんか?

海外では、絵や写真・アート作品を壁に飾る文化が日常にあります。

日本ではどうでしょう?

ウォールステッカー等手軽に壁をデコレーションできるアイテムも増え、アートを楽しむ人も増えて来ているように思いますが、

まだまだ浸透率は低くそうです。

 

●日本の住処では絵を飾るスペースが少ない。

●「絵を買う」ことに興味はあるけど、価値観がわからないから踏み出せない。

●絵心がないから、良いものなのかどうかわからない。

 

そんな方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 絵の価値観

「絵」というのは、見る人によって感じ方は様々です。

 

 【画材代・製作にかかった時間・技術を取得するまでにかかった時間・お金・経験・アイデアを考えている時間】

 

一枚の絵は、それまでの人生全てが詰まっています。

 

サッと描いたもの・時間をかけて描いたもの。

 

どちらの方が価値が高いでしょうか?

 

どちらも、それまでの人生経験があって作品になっていくのです。

 

つまり、「価値」と言うのはあるようで無いようでフワフワしているものだと思います。

 

だからこそ、買うと言うことに足踏みをしてしまうのでは無いでしょうか?

 

 

 単純な「好き」の感覚を研ぎ澄ませて欲しい。

 

「好き」は理由なんてなくて良い。

好きなアイドルや歌手が好きなように、単純に「好き」の感覚を研ぎ澄ませて絵をみて欲しいのです。

 

ああだ、こうだ言わず「この絵が好きだな」

それだけでいいのです。

 

 飾りやすいサイズにしました。

 

ハガキサイズに油絵の具がスティック状になった画材を塗って、十分に乾いてからペンでドローイングをしました。

マットをつけて大きめの額に飾るもよし、小さな額に飾るもよし、そのまま飾るもよし。

自由度の高いハガキサイズと、小さめのパネルで作品を描きました。

 

※ドローイングとは、描く対象を決めず、即興で描く手法のことです。

 

 


 

 絵がある生活

 

自分の部屋に

 

リビングに

 

書斎に

 

手帳に挟んだり

 

少しスペースのある気に留めてなかった壁に、そっと飾ってみませんか?

 

小さな変化が、大きな変化へ繋がるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

Shop情報 ●実店舗はじめました●

787-0027 四万十市中村天神橋54  TJB B区画

TEL : 0880-35-2019(チャレンジショップ事務所)

営業時間 / 10001730

定休 / 水・日曜日(土曜は基本的に営業していますが、用事がある時や出店の際は休みます)

アートを生活に取り入れませんか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします