極限までシンプルにした美しいレザーハンドバッグ

究極の美しさとは人の一生のように、生まれ、そして死を迎えるというシンプルな構造のようである。しかし人の一生とはシンプルであるがこそ美しく、脆く儚げであるがこその究極の美しさである。あなたの顔はいずれあなたの人生の鏡となるように、私が提案するこの1つの鞄もまた、あなたのもう1つの鏡、顔となるでしょう。

by LIQUORIS

View

1.2K

値段

¥ 50,000

在庫数

10

もう1つのあなたの顔。

編集日時: 2016/01/10 01:23
完璧なデザイン美、完璧な機能美、そしてそれは極限までシンプルであり、人々が見落としてしまいがちな美しさである。

人の一生は儚く、脆く、しかし美しい。たくさん笑って、たくさん泣いて…歳を重ねいつの日か、笑った分だけ幸せな皺があなたの顔を優しく刻み、泣いた分だけ苦労の皺があなたの顔を儚げなモノにする。そしてあなたの顔はあなたの生きてきた人生の鏡となり、問いかけ初める。あなたはどのような人生を歩んで来られたのか…と。

完璧な美しさ、それはとてもシンプルである。人々が生まれた時の顔のように、生まれた瞬間のシンプルだが凄まじく激しい感動のように。

『人間は皆、神の子である。』と誰かが言った。その『神の子』は創造する。神が人間を創造したように。美しさを探求するのである。
それはとてもシンプルであった。この1つの鞄のように。そして産まれたての創造もまた歳を重ねる。あなたと同じく。晴れの日には太陽の恵みを全身に受け、雨の日には雨粒が涙の雫のようにつたい落ち、乾いた皮膚に呼吸をさせるように染み込み息づく。

人の一生と同じように、この1つの鞄は1日を着実に生きて、歳を経る。そしていつの日かあなたは、あなたと共に過ごしたこの1つの鞄を改めて見た時に気付くだろう。あなたの人生のもう1つの鏡、顔であったことに。

もう1つのあなたの顔。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします