【自信に満ち溢れたリッチでグラマラスな花嫁に】サッシュベルトの威力

1着のウェディングドレスをより輝かせる小道具とは?

by Lady Jane

View

451

値段

¥ 25,500

在庫数

11

【自信に満ち溢れたリッチでグラマラスな花嫁に】サッシュベルトの威力

編集日時: 2017/04/05 17:56

 

近頃の結婚式のトレンドは、カラードレスでのお色直しはせずに、白いウェディングドレス1着で一日を過ごす!というスタイル。素敵なカラードレスになかなか出会えない、、という現実的な問題もありますが、「純白のウェディングドレス」に込められたジンクスを大切にされる花嫁様が増えている、という事も1つの理由として挙げられるます。

●ウェディングドレスはなぜ純白?

ウェディングドレスの白色には「花嫁の幸せに嫉妬する精霊から身を守る色」「何色にも染まらず、あなた色に染まる」という2つのジンクスが込められています。ウェディングドレスといえば、当たり前に「白」というイメージが強く、当然のごとく他の色を探す方はゼロに等しいと思いますが、近頃ではこのジンクスが一般的に知られるようになり、大切にされる花嫁様が増えてきたという事も、「結婚式は白ドレスだけで行く」という花嫁様が増えた要因と言えるでしょう。

そうとはいえ、披露宴でのお色直しというのは、親御さん世代にとってはまだまだ一般的。そこで、髪型やアクセサリーをかえて、ドレスの雰囲気をガラっとチェンジする方法が多くの花嫁様に取り入れられているのです。

●サッシュベルトの持つ威力

純白のウェディングドレスを、雰囲気の異なるドレスへとチェンジしてくれる小物人気No1といえば、サッシュベルトです。結婚式のテーマカラーにあわせてブルーやピンクなどのリボンを巻く方、そして、細かな何百ものビジューを組み合わせて製作されたビジューサッシュベルトは、光を集めて上品に輝き、新婦を自信に満ち溢れたリッチでグラマラスな花嫁姿へと仕上げてくれるのです。海外セレブリティーの中でも、お嬢様の中のお嬢様、というべきチェルシー・クリントン (クリントン元米大統領&ヒラリークリントン女史の愛娘)のVera Wangにあわせたサッシュベルト姿は、いつまでも色あせる事のない、まさにリッチでグラマラスな花嫁姿として印象に残ります。

●誰でも気軽に、でもオシャレに。

自分の結婚式にもサッシュベルトを取り入れたい、と考える花嫁様でも、そのお値段で諦めてしまう方も多いかと存じます。ちょっとしたブランドの物であれば10万円以上、海外から個人輸入をしても、なかなかの金額になる為、躊躇される方も多いのがサッシュベルト。そこで、Lady Janeではサッシュベルトのオーダー、ならびにレンタルを開始致しました。トップに掲載されているデザインは一番人気ですが、中には、画像を持ち込み頂いてオリジナルのデザインで製作したり、リボンの色をネイビーやピンクにして、お色直しによりインパクトをもたらすサッシュをオーダーされる方もいらっしゃいます。リボンは、花嫁の中では知らない人はいない、と言われている「木馬」のグログランリボン、または、サテン素材からお選び頂けます。オーダー頂くビジューデザインの太さ、デザインにもよりますが、リボンカラーは約30色の中からお好みの色をご指定ください。

 

●あなたはオーダー派?レンタル派?

本日ご紹介したデザイン以外のサッシュベルトは過去にオーダー頂いた物の1部のお写真ですが、サロンではNYから買付をしてきた、他とは被らないデザインのサッシュベルトの他、当店オリジナルデザインの物もいくつか用意がございます。オリジナルのデザイン、太さをご希望の方はオーダーのみとなりますが、サロンにてお取り扱いのある物でお気に召して下さいましたら、レンタルでも十分ですので是非ご検討ください。また、オーダーの場合は、製作期間に約2ヶ月お時間を頂戴しており、メールでの打ち合わせが必要ですので、お時間の余裕を持ってお問合せ下さいます事をおすすめ致します。

【自信に満ち溢れたリッチでグラマラスな花嫁に】サッシュベルトの威力

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 【自信に満ち溢れたリッチでグラマラスな花嫁に】サッシュベルトの威力