古典柄と伝統工芸品を現代風にアレンジした、お散歩がま口ショルダー

古典柄である青海派と赤い千鳥を使ってショルダーを作成してみました。ショルダー紐には、伝統工芸品である「真田紐」を使用し古き良きモチーフを現代風にアレンジし、まさに「温故知新」な商品を作成いたしました。

by promenade

View

2.6K

値段

在庫数

[温故知新]古典柄と伝統工芸品を現代風にアレンジしたのお散歩がま口ショルダー

編集日時: 2016/10/22 08:28

 

ちょっと素敵な古都の彩り「こといろ」シリーズ

 

古典柄である青海派と赤い千鳥を使ってショルダーを作成してみました。

ショルダー紐には、伝統工芸品である「真田紐」を使用し古き良きモチーフを現代風にアレンジし

まさに「温故知新」な商品を作成いたしました。

 

 

表は古典柄である青海派の上を赤い千鳥を描くことで波を颯爽に飛ぶ鳥をイメージできます。

また、ショルダー紐に使われている「真田紐」はおのずと知れた真田幸村で有名であり

その紐自体も縦糸と横糸で織り上げているので伸縮がなく結びなおしにも強く張りのはる丈夫な紐です。

古くは刀の下げ緒、たすき、行商の荷紐、男性用の帯などにも使われており柄行、艶、風合いとも、独特で美しく、その物自体が伝統工芸品として貴重なものといえます。

その真田紐に紐先には家紋を思わせる瓢箪柄の「こといろ」のプリントネームを巻いています。

 

 

ポケットは透明ポケットを使用することでポケットに入れたままスマホ操作が可能にしました。

メールチェックやアプリの起動などスマホを出さずに行えます。
外ポケットにスマホや音楽プレーヤーを入れてそのまま楽しむことができます。

 

本体は大き目のスマホも入り、もちろんスマホケースに入れたままでも入ります。

また、裏生地にはやわらかいフェルト生地を使用していますので、デジカメなど傷を気にする製品でも

安心して入れていただけます。

 

(*画像はiPhone 6s Plus をスマホケースに付けて入れています。)

 

旅行やお散歩のサブバッグとして便利なアイテムです。

 

 

[温故知新]古典柄と伝統工芸品を現代風にアレンジしたのお散歩がま口ショルダー

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします