小鳥の絵本『かわいいことりちゃん』を出版します!

小鳥の絵本『かわいいことりちゃん』を出版します!2020イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選したことをきっかけに6年間あたため続けていたオカメインコの絵本を出版することにしました。8月22日の発売日を前に先行予約はじめました。

by ことりちゃん

View

309

値段

在庫数

小鳥の絵本『かわいいことりちゃん』を出版します!

編集日時: 2020/08/07 15:49



絵本『かわいいことりちゃん』を出版します



この絵本の著者で絵を担当するイラストレーター コナツコウイチが2020イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選しました。


なんと世界66の国と地域からの2,574人もの応募者の中から入選した75人のうちの1人に選ばれたんです。




毎年ボローニャで開催される子供の書籍に関する世界最大規模のブックフェアのメインを飾るこの国際絵本原画展は、絵本・児童書のイラストレーターを輩出する登竜門としても広く知られており、日本をはじめ世界各国で巡回展が開催されています。


入選したことを機に、6年間ずっとあたため続けてきた小鳥の絵本の企画を進めてこの夏いよいよ出版することになりました!


絵本『かわいいことりちゃん』について


主人公はオカメインコの11歳の女の子

妖精の起源ともいわれているオカメインコはヨーロッパではNinfa(ニンフは妖精の意)と愛称で呼ばれ、ちょっと臆病だけど、好奇心が強くて、優しくて、とっても無邪気でかわいい小鳥です。名前は「インコ」ですが生物学上はオウム目オウム科に分類されている「オウム」の仲間で、頭の上の立派な冠羽が印象的な風貌からトルコでは「小鳥の王様」とも呼ばれ親しまれています。


本当にこんなにちいさな小鳥と、言葉は通じなくても心が通じあえるだなんて一緒に暮らすまでは考えてもみませんでした。朝ちいさな鳴き声で目を覚まし、鳥かごを掃除して、お水をかえて、ごはんを食べて、体操したり、飛んだり、なでたり、遊んだり、おやつを食べたり、歌を歌ったり。そんな奇跡のような毎日への感謝を1冊の絵本に編みました。


文章は絵本のキュレーションマガジン『くらやみ文庫』を主宰するコナツ マキコが担当。

編集・発売元のニジノ絵本屋さんからの発案で、日本語と英語の2カ国語によるバイリンガル絵本となっています。


絵本の先行予約はじめました

8月22日の発売日を前に先行予約の受付をはじめました。

写真集(非売品)『わたしはことりちゃん』のセットや、トートバッグ、Tシャツなどの限定セットをご用意しています。


ことりちゃん先行予約特設サイト

世界でのオカメインコの呼び名は?など気になるマメ知識も掲載

https://www.nobirdnolife.com

ニジノ絵本屋先行予約特設サイト

6年間の絵本づくりについての年表や、絵本をめくることりちゃんトートやTシャツなど限定アイテムも

https://nijinoehonya.studio.design/kawaiikotorichan


この機会にぜひお手にとっていただけたらうれしいです。


今回出版される絵本『かわいいことりちゃん』の原画は下記展覧会にてご覧いただけます。

ぜひ美術館にもお運びくださいね。


2020イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

東京板橋区立美術館

2020年8月22日〜9月27日

三重四日市市立博物館

2020年10月3日〜11月1日

石川県七尾美術館

2020年11月6日〜12月3日

群馬県太田市美術館・図書館

2021年1月5日〜1月24日



小鳥の絵本『かわいいことりちゃん』を出版します!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします