説明できます?知っていると、ちょっとトクする!?日本の伝統文様(1)「七宝(しっぽう)」

知っているようで知らない日本のこと。 ちょっとした日本の伝統文様についての豆知識とともに、美しく高級感のあるアクリルを切削・研磨して仕上げたモダンな升のご案内を差し上げます。

by 酒器 口悦

View

196

値段

¥ 2,160

在庫数

100 ~

説明できます?知っていると、ちょっとトクする!?日本の伝統文様(1)「七宝(しっぽう)」

編集日時: 2019/01/31 13:39

知っているようで知らない日本のこと。

せっかくだからここでちょっと豆知識として仕入れておきませんか?

いつかどこかで、「この模様なんだっけ?」となったときに教えてあげられる側の人になりたい、と思う方も多いはず。

子どもや海外の友人から質問されることだってあるかもしれません。


「七宝」という文様をご存知でしょうか?


「七宝(しっぽう)って、日本の伝統文様でしょ?」とご存知の方も多いかもしれません。

では、その意味や由来を説明できますか??



七宝文様ってどんな文様?


七宝文様は、同じ大きさの円の並列のうえに円の並列を四分の一ずつ重ねることで、菱のような形と花びらのような形の組み合わせが続く仕掛けになっています。




七宝文様が意味するものとは?


この七宝を繋いだ「七宝繋ぎ文様」が、更なる繁栄、子孫の繁栄、人の縁・関係性の円満を志向する縁起の良いことを意味しています。

とても華やかさを感じさせる文様で、現代でもモダンなパッケージデザイン、グラフィックデザイン、はたまた建築物の壁や天井の文様として取り入れられていることもあります。



七宝文様の由来は?


七宝(しっぽう)とは、仏教の教典<仏説無量寿経>に出てくる七つの宝のことを指しています。

七つの宝とは、
・金
・銀
・瑠璃(るり)…ラピスラズリ
・玻璃 (はり)…水晶
・硨磲(しゃこ)…白い珊瑚やシャコ貝
・珊瑚(さんご)…血赤サンゴ、赤い玉
・瑪瑙( めのう)
のことです。

上述のとおり、七宝文様の意味合いは、人の縁・関係性の円満を志向する縁起の良いことですが、つまりは、人の御縁や繋がりは、七宝と同等の価値がある事を示している柄でもあります。



七宝文様をあしらったアクリルの一合升


さて、そんな七宝(しっぽう)文様を切削し研磨したさて、そんな七宝(しっぽう)文様を切削し研磨した美しく高級感のあるアクリルの1合サイズの升があるのをご存知でしょうか?

ガラスを上回る透明度を持つアクリルの美しさと高級感に七宝文様がとても美しく映えます。



都内にあるアクリル加工メーカーの職人の手によるものです。もともとは酒器として生まれましたが、料理を盛りつけたり、インテリアとしたりして、自由に楽しむことのできる容器です。和柄といえど、どんな雰囲気にも合わせられるスマートさがあります。


美しく高級感のある仕上がりの一方で、割れない倒れないというアクリルの特徴もあり、さまざまな用途でお使いいただけます。


ご縁や繋がりを大切に考える方への贈り物にもぜひご活用ください。


日本の伝統文様を施したアイテムを手元におくことで、日本の大切な文化や伝統を心のなかに、そして、今まで以上の楽しい時間や生活を送っていただけたら嬉しいです。







説明できます?知っていると、ちょっとトクする!?日本の伝統文様(1)「七宝(しっぽう)」

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします