生茶好きの方にはぜひ一度味わっていただきたい 生茶「邦葳山」

プアール茶(生茶)好きの方にはたまらない 生茶「邦葳山」の魅力

by 和春縁茶荘 by Kitemita.la

View

846

値段

¥ 1,300

在庫数

4

生茶好きの方にはぜひ一度味わっていただきたい 生茶「邦葳山」のご紹介

編集日時: 2018/02/20 15:03

 

2月も下旬となり、寒暖差が大きい日が続いています。

昨日はぽかぽかしていたのに、一転して今日は10度近く気温が下がり、

「また冬に戻ったの~」と思わず体がちぢこまってしまうことがあります。

一日も早く春の足音をききたいものですね。

 

さて、今回は生茶の「邦葳山」という商品をご紹介します。  

            

以前、生茶で「雲南喬木」という商品をご紹介したことがありますので、

生茶は今回で2種類目となります。

それでは生茶「邦葳山」の詳しいご紹介に入ります。

①茶葉

散茶(バラバラの茶葉)です。

熟茶をご存知の方は、写真からも生茶と熟茶の茶葉のちがいに気づくのではないでしょうか。

下の写真は5gの茶葉です。

               

②飲み方

・急須で淹れる場合は、一度に3g程度入れて150ml~180mlのマグカップで

2~3杯くらい飲めます。

この時、1煎目は茶葉のほこりなどを洗い流すため、飲まずに捨てた方がよいでしょう。

                

・なべかやかんでまとめて淹れる場合は、3~5g程度入れて1Lくらい飲めます。

 はじめに1Lほどの水を沸騰させて、火を止めてから茶葉を入れて5分ほど蒸らします。

 飲む時には茶葉が広がるので茶こしなどを利用するか、茶葉を入れる際にお茶パックなどを利用してもかまいません。

③味の特徴

皆さんが一番知りたいのはここですよね。

「邦葳山」は生茶好きの方にはぜひおすすめの味です。

 以前ご紹介した「雲南喬木」は生茶の中でもかなりまろやかで飲みやすいので、

特に初めて生茶を飲む方におすすめしています。

それに比べると「邦葳山」は濃厚な香り、味には生茶特有の刺激を感じます。

生茶が好きで「しっかりとした生茶を味わいたい。」という時にはこちらがおすすめです。

④商品の種類

お店では10gで260円、50gで1300円の2種類をお買い求めできます。

(50g入りの袋はインターネット販売のものとはデザインが異なります。)

             

生茶を一度もお飲みになったことがない方は、以前ご紹介した「雲南喬木」と

 この「邦葳山」を10gずつ飲み比べてみるのもおすすめの方法です。

生茶の鮮やかな黄金色、芳醇な香り、熟茶との口当たりのちがいにプアール茶の世界が広がること

まちがいなしです。

 

 10gはお店でしか販売しておりませんので、ぜひ一度お店に足を運んでください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

当店では「プアール茶」と呼んでいますが、「プーアル茶」または「プーアール茶」とおっしゃって、

お茶を探しに来られるお客さまもたくさんいらっしゃいます。(特にきまりはありません)

初めての方から、もちろんリピーターの方まで多くのお客さまに喜んでいただけますよう、

今回ご紹介した商品だけでなく、様々な商品を揃えております。

皆さまのご来店、ネットでのご注文を心よりお待ちしております。

                                                                   

 

 

生茶好きの方にはぜひ一度味わっていただきたい 生茶「邦葳山」のご紹介

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします