一日の疲れを癒してくれる最高の飲みもの。生茶(雲南喬木)の魅力について

プアール茶 生茶(雲南喬木)の魅力について

by 和春縁茶荘 by Kitemita.la

View

998

値段

在庫数

生茶(雲南喬木)の魅力について

編集日時: 2018/02/19 16:32

 

11月も中旬を迎え、外から帰ると温かい飲みものが恋しい季節となりました。

さて、今回のブログは私がおすすめの「生茶」をご紹介します。

プアール茶には「熟茶」と「生茶」の2種類があることはプアール茶に詳しい方ならご存知の方も多いと思いますが、「生茶」の方は意外と「飲んだことがない。」という方もいておすすめしたところ、気に入っていただいたお客さまがたくさんいて、嬉しくなりました。

私はこちらのお店に勤めるようになってすぐに店長さんに生茶「雲南喬木」を飲ませていただいたところ、そのリラックスできる香りきれいな色何とも言えないほろ苦さの「とりこ」になってしまいました。

                         

それ以来、私は「雲南喬木」の餅茶(下の写真の円盤のような形をしたお茶を餅茶と呼びます)を購入して、自宅で少しずつ崩しながら、寒い時はホットで、夏は冷やして飲むようになりました。

              

もちろん、自宅では熟茶も飲みますが、熟茶はどちらかというと食事と一緒に飲むことが多い一方、生茶を飲むときはお茶だけを味わい、香りを楽しみながら、体も心もリラックスすることができて、「一日の疲れを癒してくれる最高の飲みもの」となっています。

ここからはみなさんに生茶「雲南喬木」の商品のご紹介をしたいと思います。

先ほども触れましたが、生茶「雲南喬木」はお店で飲んでいただいたお客さまから好評でしたので、「少ない量から気軽に買っていただけるように」と「10g」(下の写真向かって右)と「50g」(下の写真向かって左)の2種類を店内で販売しております。

これはインターネットでは販売しておりません。

                          

「生茶を一度飲んでみたいなあ。」と思う方は、ぜひ和春縁茶荘にお越しいただき、10gからお試しください。

美味しい淹れ方を詳しくご説明いたします。

当店では「プアール茶」と呼んでいますが、「プーアル茶」または「プーアール茶」とおっしゃって、

お茶を探しに来られるお客さまもたくさんいらっしゃいます。(特にきまりはありません)

初めての方から、もちろんリピーターの方まで多くのお客さまに喜んでいただけますよう、

今回ご紹介した商品だけでなく、様々な商品を揃えております。

皆さまのご来店、ネットでのご注文を心よりお待ちしております。

                                                                      

 

 

 

 

 

生茶(雲南喬木)の魅力について

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします