可愛くていつも持ち歩きやすい!安産のお守り袋「母まもり」を入荷しました

いつも「ホッととくするお寺」のオンライン授与所を有難うございます。今回は、おもに安産のお守り袋につかっていただける「母まもり」のご紹介をさせていただきたいと思います。カワイイ安産のお守り袋を探している方がいましたらぜひ!

by ホッととくするお寺|法徳寺(ほうとくじ)

View

160

値段

¥ 1,000

在庫数

9

可愛くていつも持ち歩きやすい!安産のお守り袋「母まもり」を入荷しました

編集日時: 2021/04/18 18:27




  • 赤ちゃんがちゃんと育つか不安
  • 陣痛に耐えられるか

  • ちゃんとママになれるのか


など、妊娠されたら不安な気持ちでいっぱになるときってありますよね。

そういう時に、そばにいて「ホッと」安心できるお守り袋を考えたいと思い、作りました。



専用のwebページを作成しております

母まもりのことを詳しく知ることができる専用のページを作成してみました。よろしければ、こちらでも参考にしていただければと思います。

「母まもり」の紹介ページ



お守りの持ち方について


普段は、手帳やカバンの中に入れて、持ち歩いてください。


  • 診察の待ち時間
  • 就寝前の時間


など、不安になったときにお祈りください。



「母まもり」の特徴




持っていて愛らしい「ホッとできる」寄り添ってくれるようなイメージのお守り


母まもり」の母は、実は鬼子母神さまの「母」とお母さんになられる方の「母」をかけております。

その外見は、赤ちゃんのイラストとザクロ、キキョウの花が特徴的。


ザクロは、昔から子孫繁栄をあらわす縁起の良い果物といわれております。

ザクロの実をよくみてみると、1つの実の中にたくさんの小さな実があり、その1つ1つがそれぞれに小さな実を持っているのです。鬼子母神さまがよくザクロの枝をお持ちになられるのは、子どもを守る神さまとして子孫繁栄の願いが込められているのです。


キキョウも、吉更(さらに吉)となるようにといわれている吉祥華。キキョウは、秋の七草といわれておりますが、その開花時期は6月から9月の暑い夏の時期。古くから薬としても用いられたり、夏や秋の着物の紋様にされています。



私どもの願い


女性は命をかけて出産を経験し、尊い我が子に会うことができます。

妊娠期間中、心細くなることもあるでしょう。もし、私どもがお渡しできるお守りで、少しでもその不安を和らげることができたなら、こんなに幸せなことはありません。


法徳寺は、多くの方が「ホッととくするお寺」だと感じていただけるように、日々お勤めさせていただいております。

もちろん安産祈願のご祈祷にお参りされた方をはじめ多くの方々と接しながら、その想いが日々強くなっております。


最後に



最後にいうのもなんですが、この「母まもり」は、あくまでお守り袋ですので、よろしければ中に入れるお守りもお求め頂ければと思います。(もちろん、ご自身でご用意くださっても結構です)


カワイイ安産のお守り袋「母まもり」



以上、

可愛くていつも持ち歩きやすい!安産のお守り袋「母まもり」を入荷しました

でした。

お読みいただき有難うございました。



可愛くていつも持ち歩きやすい!安産のお守り袋「母まもり」を入荷しました

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします