オーガニック味噌屋のレシピ!秋冬にぴったりの食べる味噌スープ

カネサのオーガニック調味料を使ったレシピ#misosoupeveryday

by カネサオーガニック味噌工房

View

43

値段

¥ 1,512

在庫数

4

オーガニック味噌屋のレシピ!秋冬にぴったりの食べる味噌スープ

編集日時: 2019/10/19 14:47

こんにちはー!

すっかり寒くなりましたね。ここで気を抜くとあっという間に体調を崩してしまいそうで戦々恐々としています。

なんといっても身体の基本は食べもの!特にこの季節は身体を温めるものを積極的に摂るようにしています。

そこで今日は、元気の出るにんにくやお野菜・魚介もお肉もたっぷり入れた、身体も温まり免疫もUPしそうな味噌スープをご紹介します!

お豆腐もたっぷり半丁使ったので腹持ちも良く、野菜がたっぷり入っていてよく噛むので満足感がある「食べるスープ」ができました。

カリフラワーとあさりと豆腐の味噌スープ


ーーーー材料ーーーー

*今回の分量は大きめの汁碗ででたっぷり1杯分です

・あさり・・・100〜150g(*砂抜きしておく)

・豆腐・・・半丁(*なめらかになるまで潰しておく)

・ベーコン・・・2〜3切れ(*細かく切っておく)

・にんにく・・・大きめのを1かけ(*みじん切りにしておく)

・カリフラワー・・・小さめのを半個使いました。手のひらサイズぐらい(*細かく刻んでおく)

・黄パプリカ・・・小さめのを半個(*ダイス型になるよう小さく切っておく)

・セロリ・・・15cmぐらい(*薄い輪切りにしておく)

・唐辛子・・・1本(*輪切りにしておく)

以下、調味料

・カネサの二倍糀生味噌・・・大さじ1

・カネサの発芽玄米生塩糀・・・大さじ1

・白ワイン・・・1カップ

・ブラックペッパー/ピンクペッパー・・・お好みで適量

・オリーブオイル・・・小さじ1

ーーーー作り方ーーーー

・フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくとベーコンを加え、少しきつね色になり香りが出るまで炒める。

・あさりを加え、白ワインを入れて蓋をし蒸し焼きにする。殻が全部開き火が通ったら、あさりは別皿においておく。

・フライパンに煮汁は残したまま、さらに水を1カップ程加え、カリフラワー・セロリ・赤唐辛子・味噌・塩糀を加え柔らかくなるまで煮る。

・なめらかになるまで潰した豆腐とパプリカを加え、十分温まるまでさらに煮る。別皿においておいた、あさりを戻す。

・汁碗に盛り、お好みでピンクペッパーやブラックペッパーふりかけて出来上がり!

ーMEMOー

味をみて薄い場合は、塩糀・お味噌お好きな方で調整してください。お味噌を加える場合は、豆腐をいれる前に入れると溶きやすいです!

▼ 今回使ったカネサ商品はこちら! ▼

有機栽培の米糀を贅沢に使ったお味噌です

商品ページはこちら


新しい定番!?'発芽玄米糀'の塩糀です!しかも生だよー

商品ページはこちら


最近結構アリだな〜使えるな〜と思っているのが「味噌 X 塩糀」の組み合わせ。一見普通なんですが、それぞれ単独で使うことはあっても同時に使うことはあまり無いと思うのですが、皆さんどうでしょうか?

特にスープにおいて調味料を全部お味噌にしてしまうと、当たり前ですがTHE味噌汁の味になってしまうんですよね。あれ、作りたかった方向とちょっと違う〜・・・ってことが時々あるんです。

今回のようにせっかくベーコンやあさりの旨味を活かしたいときには、もう少し優しい味に仕上げたい!和風の味噌汁というよりスープっぽい感じ!というときに塩糀でバランスを取ってあげると、手の混んだ滋味深い味になる気がします。甘みも塩糀のほうがダイレクトなので、甘みも塩味も加えたい時には特におすすめです。お味噌でコク・深みを出したいけど、「味噌味」にはしたくない時には活用して頂きたい組み合わせ!


これからもちょっと珍しい?役立つ発酵調味料を使ったレシピを紹介していきますので、また是非読みにおいでくださいませ!

カネサのページもフォローしてくださると嬉しいです。

オーガニック味噌屋のレシピ!秋冬にぴったりの食べる味噌スープ

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします