金平糖のようでちょっと違う、新潟の昔ながらのお菓子を神楽坂オリジナルデザインに。

神楽坂にゆかりがある文豪をパッケージにデザインした、星の文豪たち。金平糖のようでちょっと違う、新潟の昔ながらお菓子です。

by 神楽坂プリュス(かぐらざかぷりゅす)器・生活雑貨の通販

View

123

値段

¥ 480

在庫数

12

金平糖のようでちょっと違う、新潟の昔ながらのお菓子を神楽坂オリジナルデザインに。

編集日時: 2018/10/29 12:43

新潟では「ゆか里」という名前で昔から愛されてきた郷土のお菓子。

 

もち米(あられ)に砂糖蜜をまぶしててつくる、見た目はコンペイトウのような、

 

食べるとコンペイトウよりも甘さ控えめで素朴なあじわいのお菓子です。

 

 
 

 

 

このお菓子、現在新潟で作っているのは明治33年創業の「明治屋さん」一軒のみとなっています。

そんな「ゆか里」の製造を継続し、その技術が仕事として継承されるように、

もっとおみやげや日常のお菓子として親しんでもらえるようにとデザインをリニューアル。

「浮き星(うきほし)」として販売を開始したのが、新潟のデザイン会社ヒッコリースリートラベラーズさんです。

 

 

 

そしてその「浮き星」と飯田橋のデザインプロダクションOCEANさんがコラボして生まれたのが、

神楽坂にゆかりのある5人の文豪のイラストが描かれた「星の文豪たち」です。こちらは神楽坂プリュスの店頭で

「神楽坂の逸品」としておみやげやプレゼントに人気の商品です。今回ネットショップでも販売を開始します。

 

 
 

 

 

夏目漱石(柚子ベース)、尾崎紅葉(コーヒーベース)、樋口一葉(いちごベース)、

泉鏡花(ミントベース)、永井荷風(抹茶ベース)

 

 

 
 
 
 

 

そのまま食べるのはもちろん、お湯やコーヒー、紅茶に浮かべたり、

アイスにトッピングするとカラフルでかわいらしいです。

思い思いの食べ方で楽しんでください。

 

金平糖のようでちょっと違う、新潟の昔ながらのお菓子を神楽坂オリジナルデザインに。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします