手が入れやすいことを第一に考えた腰付チョークバッグ蘭RAN

皆さんは腰付チョークバッグ の入り口が閉じてて、チョークアップしにくいと感じたことはありませんか? ルートなどに使用する可能性がある腰付チョークバッグ において手が入れにくいというのは致命傷です。 そこでチョークアップのしやすさにこだわった腰付チョークバッグが蘭RANです。

by Kaede note

View

40

値段

¥ 6,000

在庫数

1

手が入れやすいことを第一に考えた腰付チョークバッグ蘭RAN

編集日時: 2020/04/02 06:30

皆さんは腰付チョークバッグ の入り口が閉じてて、チョークアップしにくいと感じたことはありませんか?

ルートなどに使用する可能性がある腰付チョークバッグ において手が入れにくいというのは致命傷です。

そこでチョークアップのしやすさにこだわった腰付チョークバッグが蘭RANです。



特徴①手の入り口が潰れないチョークバッグ



 

ボルダリングならともかく、ルートにおいて手がすぐに入らないのは致命傷となります。

Kaede noteの腰付チョークバッグ では、手の入り口に輪のような芯を入れることで、形崩れせず、手の入れやすくなっています

これにより、チョークバッグ をバッグにしまっておいても、入り口が潰れて手が入れにくい状態を防ぐことができます。



特徴②入り口は大きめに、底は浅目に 



チョークアップはルートでヨレてくると焦って、チョークバッグ に手を入れるのにも手間取ります。

そこで、手が迷わないように少し大きめの入り口にしました。

また、手が短い私にとって底が深いチョークバッグ はストレスでした。

チョークバッグ に入ったらすぐにチョークとチョークボールがあって欲しいのです。

そこで底を浅めに作りました。

ずんどうな形状は、手を迷いなくチョークまで導きます。


特徴③昔ながらのスタンダードなスタイル





形状は昔からある形状に近いと思っています。

ひもによって口を絞り、チョークが漏れないようする部分など、先人に学ぶ形ことを意識しました。

私が今まで使った腰付チョークバッグの中で使いやすかったものを参考に、気になっていた部分を改良しました

主な特徴

  • 手は入れやすく、入口はつぶれない。
  • 手入れは浅く、すぐにチョークアップできる。
  • バックルは少しでも軽いものを。ブラシループは必要。
  • 登る上でポケットはあまり必要ないかと・・・(メッシュポケット取り付けオプション可能)
  • デザインは人と被らない。




特徴④生地からカスタムオーダーできるデザイン



Kaede noteの腰付チョークバッグ は全てハンドメイド であるため、とても自由度が高くなっています

チョークバッグ 上部はカラーオーダーだけでなく、お客様のお好きな生地や柄で作ることが可能です。

チョークバッグ 下部に関しても、16色からお好きなカラーをお選びいただけます。

つまり、お客様オリジナルのチョークバッグ を作ることが可能です。

ぜひ、お好きな柄でチョークバッグ を作ってみませんか?


オーダーに興味ある方はこちらをご覧ください。
 https://kaedenote.theshop.jp/blog/2019/02/10/093642

腰付チョークバッグ 蘭RANの仕様について


■価格/6000円
■サイズ/100mm×110mm×H170mm
■重量/約85g
■素材/帆布他
■カラー/16色より



手が入れやすいことを第一に考えた腰付チョークバッグ蘭RAN

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします