青い革の魅力 深みと透明感の青 vs ロウ付きの青 イタリアンレザーのコインケース 

青い革の魅力 深い青とロウ付きの青でつくる4つボタンコインケース

by 革工房 J's LEATHER webshop

View

64

値段

¥ 3,200

在庫数

20 ~

青い革の魅力 深みと透明感の青 vs ロウ付きの青 イタリアンレザーのコインケース 

編集日時: 2021/03/06 16:11

仙台の革工房 J's LEATHER です。

今回は青色の革小物のご紹介です。


当工房ではオーダーメイドの製作が多いのですが、最近「青い革」でのご依頼やお問い合わせを多くいただいておりました。

レギュラーで使用している革には青というのはなくて、いろいろ探したり触ったりしながらスポットでの対応をさせていただいておりましたが、製作すればするほどこの「青い革」の魅力から抜け出せなくなってしまいまして、この度2種類の「青い革」がレギュラー化の運びとなりました。


こちらの革。

両方ともイタリア、ラ・ぺルラ・アッズーラ社の上質な皮革。

深みと透明感のあるシボあり革のアマゾニア(左側)と、白いワックス加工がされたロウ付き革のアラスカ(右)という革です。


これらの革でのレギュラーアイテムとして、まずはこの素材を気軽に楽しんでいただけるコインケースを製作しました。


画像上がシボあり革のアマゾニア、画像下がロウ付き革のアラスカ。

形としては定番のコインケースですが、これらの革でつくると何とも言えない良い風合いとなりました。


容量は100円玉で50枚くらい収納できます。

小銭以外にも、鍵や小物入れとしてもお使いいただけます。



背面は当工房のメーカースタンプ入りです。


別角度の図。

青色は画像での色味再現が難しいので、商品ページに何枚か写真掲載しておりますのでご確認いただければと思います。

写真だとなかなか伝わらないかもしれませんが、良い青色なんですよ。


当工房では新規取り扱いの革なので、経年変化の確認はこれからですが、どんなエイジングをするかすごく楽しみです。自分の目で確かめたいので僕と妻も昨日から使い始めました。

僕たちもこれから変化を目にするのですが、せっかくなので皆さんにも一緒に楽しんでいただきたいと思いましたので、期間限定(2021年3月21日まで)とはなりますが、20%割引にさせていただいております。

一緒にエイジング観察してみませんか?

いい感じに変化してきたぞ~って方は、インスタ #エイジング観察 でご投稿を。  


最後に素材をもう一度


こちらが深い青色のアマゾニア
シボと濃淡による個体差が大きいですが、表情豊かな皮革です。


こちらがロウ付き革のアラスカ。
この革もシボはあるのですが、やはりこの白ワックスが1番の特徴です。


今後いろいろなアイテムを製作予定ですが、当工房ではオーダーメイドでの製作も承っておりますので、青い革でのウォレットやバッグなど、お探しの方はご依頼・ご相談くださいませ。


J's LEATHER ホームページ

青い革の魅力 深みと透明感の青 vs ロウ付きの青 イタリアンレザーのコインケース 

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします