テレワークでお疲れなスイーツ好きのみなさまへ

幻の伝統食材×伝統菓子による他にはない新しいスイーツのご紹介

by 長崎市の地域商社「ジョイフルサン」ネットショップ

View

269

値段

¥ 3,996

在庫数

5

テレワークでお疲れなスイーツ好きのみなさまへ

編集日時: 2020/06/26 18:29

非常事態宣言が解除され少し経ちますがリモートワークや、新たな生活様式への移行など、
おうちで過ごす時間もまだまだ多いのではないでしょうか。



ずいぶん慣れてきたとはいえ、家の中にいることが多いと、

知らず知らずのうちにストレスがたまってくるのではないかと思います。


県をまたいでの移動もまだ不安がありますし、

せめて気分だけでもどこかに行きたい!おいしいものが食べたい!と考えてしまいますよね。

そんな皆様へ、長崎からとっておきのスイーツ「ゆうこうかすてぃら」をご紹介させていただきたいと思います。



私は、長崎の地場のスーパー『ジョイフルサン』にて、

長崎の産品の販売を支援する「地域商社事業」の担当をしています。
今年の3 月に市役所の方からメーカーさんをご紹介いただき、この「ゆうこうかすてぃら」
と出会いました。



このカステラを開発したのは長崎市でラスク専門店を営んでいる吉永さんという女性の方です。
吉永さんは以前より、長崎には2 つの世界遺産があるので、それに関わりのあるものでラ
スク以外の新しい商品がつくれないかと考えていました。
あるときに「ゆうこう」の存在を知り、知人の紹介をうけ生産者の方を訪ねることにしました。



▼ 200年以上も前に存在した幻の果実「ゆうこう」




「ゆうこう」という果実は、いまから200 年以上も前から存在し、

長崎市の限られた地域にしか自生していなかったとされる柑橘です。
その地域には多くの信仰深いキリシタンが暮らしていたことから、

キリシタンが伝えたものではないかともいわれています。
また、地元のひとだけに食されていたこともあり、幻の果実として代々伝えられています。
ユズに似た甘い香りで、口当たりの良い酸味と糖度10 度以上の甘みが特徴です。



▼ 縁と縁が結びついて完成した「ゆうこうかすてぃら」

新商品の原料を「ゆうこう」に決めた吉永さんは、

試作をしてくれる職人さんを探そうと日々アンテナを張り巡らせていました。

そんな折、配達先で偶然にも同じ場所、同じ時間に配達にこられていた和菓子屋のご夫婦と出会い、

菓子をおすそ分けして頂きました。

奥様の顔には見覚えがありましたが、そのときは思い出せずその場をあとにしました。

配達から戻り、その和菓子を口にすると、探し求めていた腕をもつ職人さんの味がそこにありました。
和菓子の味に感動した吉永さんは、このひとに新商品の試作をお願いしてみようと決めました。

ちなみに、このご夫婦との出会いは、吉永さんの誕生日の出来事だったそうです。


ご夫婦のご自宅に伺い、商品に対する吉永さんの熱い思いを説明すると、

職人さんも快く受け入れてくれ試作をしてくれることになりました。
お話ししていく中で、吉永さんと奥様は30 年前に勤務していた職場が一緒だったということもわかりました。

奥様はゆうこうの自生している地域に暮らしていましたので、食材の扱い方にも慣れており、

ご主人は和菓子職人でありながら、長い間カステラ職人としても勤めていたこともあり、

焼き方にすごくこだわっていてその腕はたしかなものでした。


  


こうやって縁がひとつずつ繋がり、吉永さんが思い浮かべていた納得のいく「ゆうこうかすてぃら」が完成しました。
ひとつひとつ職人さんが丁寧に焼き上げたその生地は、やわらかくしっとりとした口当た
りに仕上がっています。





ゆうこうの酸味がほどよく感じられるので
よくあるカステラのように甘すぎることなく、爽やかな味わいをたのしめます。
ザラメのかわりに底の部分に混ぜたゆうこうの皮も良いアクセントになっています。


今夏の地域商社のお中元カタログで取り扱うことになり、

カタログ用の撮影を手伝ってくださった地元の料理研究家の先生も「とても美味しかった」と絶賛しており、

撮影を手伝ってくれたモデル役のお子さんも「すごくおいしかった」「また食べたい」と好評でした。



▼ 苦境にたたされる「観光地 長崎」のメーカー

新型コロナウイルスの影響は吉永さんのお店にも影響があり、ラスクは多くの在庫を抱えることになりました。
そんな状況をヤフーニュースに取り上げられ取材を受けた際には多くの注文があり、なんとか在庫は販売できましたが、

それも一過性のもので現在はまた落ち着いた状態になってしまいました。
また、新商品として力をいれて販売していこうと考えていたゆうこうかすてぃらも、

外国人観光客の減少や店舗への客足が鈍いことから、商品を知って頂く機会を失い、確保した原料が使えないままになっています。
それでも吉永さんは、いつもと同じように明るく穏やかに頑張っています。


弊社も地域に密着した商社として、吉永さんのようなメーカーさんの力になれないかと考え、

今回みなさまに商品を紹介させていただきました。
みなさまにおかれましても、まだまだ落ち着かない生活が続き大変な時期でもあると思いますが、

この「ゆうこうかすていら」を通じて、少しでもリラックスできる時間のお手伝いをさせていただければ幸いです。


商品紹介ページ
https://jsashop.thebase.in/


以上です。長文にお目通しいただきありがとうございました。

テレワークでお疲れなスイーツ好きのみなさまへ

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします