【止まり木のようなお茶で、ほっと一息おくつろぎの時間はいかがですか?】

雁ヶ音、渡り鳥の雁が、渡りの途中、海の上で羽休めをする時に、海の上に枝を浮かべて、止まり木にしたという言い伝えがその名前の由来とされているお茶です。ほっと一息つける時のお供にいかがでしょうか?

by 泉屋茶舗 大阪・天下茶屋お茶の通販サイトBASE店

View

73

値段

¥ 3,240

在庫数

10

【止まり木のようなお茶で、ほっと一息おくつろぎの時間はいかがですか?】

編集日時: 2021/03/06 11:55

日々のご愛顧感謝いたします。

泉屋茶舗でございます。


本日は、その名前の由来から、ほっと一息つける時のお供に良いのではないかなと思う、

お茶をご紹介できればと思います。


そのお茶は、玉露雁ヶ音です。

タイトルにもありますように、渡り鳥の雁が渡りを行うのに、海の上で羽休みをする時に、

海の上に枝を浮かべて止まり木にして、その形が似ているからとかいうのが、

雁ヶ音の名前の由来とされています。

ご存じの方には恐縮ですが、「葦をふくむ雁」なんて言葉もございますものね。

本来の意味は、準備がよくて、手抜かりがないというような意味ですが、


店員といたしましては、言葉の本来の意味というよりは、

止まり木に止まって、羽を休める雁のように、

ほっと一息つける時間に、こちらのお茶をそのお供にしていただければと思った次第です。



前置きが長くなりましたが、当店の玉露雁ヶ音はこんなお茶です。

玉露雁ヶ音は玉露の茎の部分を使用したお茶になります。

茎の部分には、葉の部分と比べて、

「甘みや旨み」の成分が葉の部分よりも多く含まれていて、また、

「香り」の成分も多く含まれています。

お茶の味としては、上記のような特徴から、

「甘みや旨み」、そして、「甘くて、爽やかな香り」が楽しめると思います。

飲む人によっては、その味わいが「茎の部分の独特のクセ」の様に、

感じられることもあって、お店といたしましても、

好みが分かれるお茶と言う印象はございますが、それが気にならないお方であれば、

お買い得な一本になるかと思います。


BASEAppにも、出店させていただいておりますので、
スマートフォンをお持ちの方は、よろしければ、アプリの方で、
当店をフォローしていただけますと励みになります。





最後まで読んでくださりありがとうございました。

今後とも泉屋茶舗をよろしくお願いいたします。

【止まり木のようなお茶で、ほっと一息おくつろぎの時間はいかがですか?】

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします