【冷茶セットをおまかせ便で再開いたしました!】

冷茶を淹れるのにお勧めのお茶、数種類を詰め合わせた冷茶セットを、 送料がお得になるおまかせ便として再開いたしました。 これから、まだまだ暑くなりますが、もしよろしければ、 冷たい緑茶で暑さを凌いでいただければ幸いです。

by 泉屋茶舗 大阪・天下茶屋お茶の通販サイトBASE店

View

174

値段

在庫数

【冷茶セットをおまかせ便で再開いたしました!】

編集日時: 2019/06/24 10:18

日々のご愛顧感謝いたします。

泉屋茶舗でございます。


本日は、以前に作らせていただいた冷茶セットが、

ポスト投函のサイズ基準を超えてしまい利用できなくなってしまったのを、

送料がお得なおまかせ便(宅急便コンパクト)として再開いたしましたので、

再び、ご紹介させていただければと思います。


冷茶セットの内容と致しましては、

暑い季節に召し上がっていただくのに、

5種類のお茶を5種類の淹れ方でお楽しみいただければ、

という趣旨で作らせていただいております。



お茶の種類と致しましては、

1.「上かぶせ」10g×2袋、50g×1袋

2.「煎茶(金)」10g×2袋

3.「煎茶(燻銀)」10g×2袋

4.「玉露(上)」10g×2袋

5.「かぶせ玄米茶」100g×1袋

の5種類


淹れ方の種類と致しましては、

1.水出し(ポット)

2.水出し(急須)

3.水出し(チャッティー)

4.氷出し

5.氷で急冷

の5種類


お茶を淹れる為の道具として、

1.チャッティー(ペットボトル用茶こし)×1

2.だしパック×1


と言う形を取らせていただいております。



では、それぞれのお茶と淹れ方の説明を、書いて参りたいと思います。


<お茶のご紹介>

「上かぶせ」

この上かぶせは、一番茶のみを使用した、甘み・旨みを重視したブレンドのお茶です。

かぶせ茶特有の鮮やかな緑色のお茶の色、まったりとしたコク、

そして、甘み・旨みを楽しんでいただけたらと思います。

個人差はありますが、飲んだ後、口の中にぽこぽことお茶の味・香りが広がります。

かぶせ茶は、玉露と煎茶の両方の特徴を持つお茶なので、

淹れ方によって、「まったりとした味わいの上等な煎茶」、「玉露に近い甘み・旨み」、

「甘くて冷たい水出し」を味わっていただけます。

なお「かぶせ茶発祥の地」と言われる伊勢茶を使用しています。


「煎茶(金)」

煎茶独特の爽やかな苦味・渋みの中にある旨み・甘みを、

そして、爽やかな香りをお楽しみ頂けたらと思います。

元々は、秋口に蔵出し新茶として、期間限定で販売していたお茶ですが、

お陰様で人気が出まして、今では、通年での使用に耐える一番茶≒新茶を使用して、

通年で販売をさせていただいております。

従いまして、一番茶のみを使用しておりますので、普段使いから来客ギフトまで、

幅広くご利用いただけます。又、店主のおススメの煎茶でもありますので、

もし、どのお茶を購入するか迷われた場合には、候補の一つにして貰えたら幸いです。


「煎茶(燻銀)」

煎茶(燻銀)は、当店のお茶の中では少数派の苦味・渋みを意識したブレンドのお茶になります。

そんなにきつくはないどちらかと言えば上品な苦味・渋みだと思いますので、

普段飲みから来客用にもお使いいただけると思いますし、

苦味・渋みを活かして、例えば餡子の効いた、甘いお菓子のお供にいかがですか?

好みはおありでしょうが、暑い時期などに、濃い目(いつもの倍位の濃さ)に淹れたお茶を

氷で満たしたグラスやお湯飲みに入れて、一気に急冷する飲み方が、

苦味・渋みを一種の清涼感として感じられ、又、活かせるのではないかなと思います。


「玉露(上)」

お茶の木の根の部分で作られる甘み旨みの成分を葉に閉じ込めるために、

お茶に直射日光を当てずに育てた、高級茶です。

味の感じ方と致しましては、甘み旨みを引き出すためにぬるめのお湯で淹れる、

標準的な場合ですと、立ち込めるというよりも、お茶の液面の上にベールのように広がる、

「清々しく力強い香り」を感じていただきながらお茶を口に含むと、

強い甘み・旨みを感じられます。お人によっては、その強い甘み・旨みから、

「お出汁のようだ。」と仰られる方もいらっしゃいます。

飲み終わった後には、口の中にお茶の余韻がしばらく残ります。


「かぶせ玄米茶」

当店のかぶせ茶に独自の比率で玄米をブレンドしたお茶になります。

急須にお湯を注いだり、お湯飲みに注ぎ分ける時に立ち込める、

同じ香ばしさでもほうじ茶とはまた違った、玄米独特の香ばしい香りを感じながら、

かぶせ茶の鮮やかな水色とまったりとしたコク、そして、玄米の甘さが一緒になった、

飲むと、なんだか優しい気持ちになれて、ほっと一息つける。

そんな味わいをお楽しみいただければ幸いです。

かぶせ茶がベースになっていますが、こちらは玄米茶ということで、

お湯の温度は、さっと湯冷ましする位で、淹れていただけたらと思います。



<淹れ方のご紹介>


<水出し(ポット)>


1.10gの茶葉を同梱のだしパックに移し変えます。

2.冷水ポットにだしパックと、冷水を1リットル入れて、冷蔵庫で一晩置きます。(3時間以上)

3.冷蔵庫から取り出して、ポットを揺すったり、パックを絞って好みの濃さにして完成です。

※茶葉の量や水の量は好みで調節してください。


<水出し(急須)>

<淹れ方一人分>


急須に茶葉10gを入れて、冷水を200ml注いで5分~10分待って、湯飲みやコップに注ぎます。

※この時、湯飲みは一人分ですが、一気に注がず、複数人に注ぐ気持ちで、少しずつ注ぐとお茶の味がよく出ます。


<水出し(チャッティー)>

<500mlのペットボトル>


空のペットボトルに茶葉を約5g入れて、冷水を約500ml注ぎます。

次に、チャッティーを装着して、キャップを閉めて、2~3度シェイクしていただいてから、

冷蔵庫で3時間から一晩位お好みの時間置いていただいて完成です。


<氷出し>


淹れ方自体は、とても単純で、急須に茶葉を10gと氷を100g入れてもらい、

冷蔵庫に中で氷が解けるまで待つだけです。一晩位と、すごく時間のかかる淹れ方ですが、

日々の喧騒から離れて、ゆったりとしたお茶の時間を楽しんでいただければと思います。


<氷で急冷>


1.急須に茶葉を入れます。普通に入れるときの倍位の濃さが目安です。

標準的なグラスやコップでしたら10gも入れてもらったらよいかと思います。

2.急須にお湯を入れて、お茶の浸出を待ちます。

お湯の量は、お茶を入れる器の半分位の量が目安です。

お茶の浸出は、普段急須で淹れられる時と同じ位の1分から1分半位。

3.氷を一杯に入れた器にお茶を注ぎます。



これらのお茶を単品で普通に買いますと、

合計3314円+「送料」(650円~1510円/1セットあたり)となりますが、


こちらのセットですと、送料込みで3670円のご提供とさせていただきます。


配送方法は、ヤマト運輸さんの宅急便コンパクトになります。



どのお茶をどの淹れ方で楽しむのか、お客様一人一人の、

良い組み合わせを見つけていただければ幸いです。

これから、まだまだ暑くなりますが、

冷たい緑茶で暑さを凌いでいただければ幸いです。


最後まで読んでくださりありがとうございました。

今後とも泉屋茶舗をよろしくお願いいたします。



【冷茶セットをおまかせ便で再開いたしました!】

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします