夏は冷たい緑茶で暑さを凌ぐ。ギフトにも最適な冷茶の詰め合わせセット

冷茶を淹れるのにお勧めのお茶、数種類を詰め合わせた冷茶セットを作ってみました。これから、まだまだ暑くなりますが、冷たい緑茶で暑さを凌いでいただければ幸いです。送料無料で、ご自宅のポストへお届けいたします。

by 泉屋茶舗 大阪・天下茶屋お茶の通販サイトBASE店

View

1.1K

値段

在庫数

【冷茶セット始めました。】

編集日時: 2016/07/23 17:47

 毎度ありがとうございます。泉屋茶舗でございます。
この前、冷たいお茶の淹れ方をブログに書かせていただいたのですが、
本日は、泉屋茶舗の冷たいお茶を、もっと身近に感じていただければという思いから、
それぞれの冷茶の淹れ方に合うと思う、お勧めのお茶を何種類かを詰め合わせた、
冷茶の詰め合わせセットを作りましたので、ご紹介させていただければと思います。
と、その前に、冷茶の淹れ方のおさらいですが、当店が、紹介させていただいた淹れ方は、
「水出し(ポット)」、「水出し(急須)」、「水出し(チャッティー)」、
「氷出し」、「氷で急冷」の5種類と、
番外編としての「お湯出し」の計6種類を紹介させていただきました。
おさらいも終わりましたので、お茶の紹介に移りたいと思います。
今回、詰め合わせさせていただいたお茶は、
「上かぶせ」、「煎茶(金)」、「煎茶(燻銀)」、
「玉露(上)」、「かぶせ玄米茶」
の5種類となります。
では、それぞれのお茶とそれに合うと思う淹れ方の組み合わせを、
店員の主観にはなりますが、書いて参りたいと思います。

<お茶の紹介と淹れ方の組み合わせ>
「上かぶせ」
玉露と煎茶の中間に位置するお茶で、甘み・旨みが特徴のお茶になります。
基本的に、どの淹れ方でも美味しく召し上がっていただけると思いますが、
今現在、店頭で冷茶の試飲をさせていただいているのですが、
お客様の反応という点から見ると、「急須を使った水出し」が評判が良いかと思います。

<淹れ方一人分>
急須に茶葉10gを入れて、冷水を200ml注いで5分~10分待って、湯飲みやコップに注ぎます。
※この時、湯飲みは一人分ですが、一気に注がず、複数人に注ぐ気持ちで、少しずつ注ぐとお茶の味がよく出ます。

 

<内容量>


一煎パック(10g)×2パック
50g入り袋×1袋

参考記事
こちらのお茶は、店員の中で、特に思い入れがございますので、
他の淹れ方もお試しいただきたく、50g入り袋をお付けしています。
【店員が初めて作ったブレンド茶“上かぶせ”】


「煎茶(金)」
煎茶特有の渋みや苦味も感じつつ、まったりとした、甘みとコクがあります。
店主のお勧めの煎茶になります。
お勧めの入れ方は、店主のお勧めということもございますので、
ポピュラーな「冷水ポットを使った水出し」をお勧めしたいと思います。

<淹れ方>
1.一煎パックの茶葉を同梱のだしパックに移し変えます。
2.冷水ポットにだしパックと、冷水を1リットル入れて、冷蔵庫で一晩置きます。(3時間以上)
3.冷蔵庫から取り出して、ポットを揺すったり、パックを絞って好みの濃さにして完成です。
※茶葉の量や水の量は好みで調節してください。

<内容量>


一煎パック(10g)×2パック


「煎茶(燻銀)」
こちらは、当店の中では苦味・渋みを意識したお茶になります。
この、苦味・渋みを活かすのに「氷で急冷」する淹れ方をお勧めしたいと思います。
きっと、程よい清涼感を味わっていただけると思います。

<淹れ方>
1.急須に茶葉を入れます。普通に入れるときの倍位の濃さが目安です。
標準的なグラスやコップでしたら10gも入れてもらったらよいかと思います。
2.急須にお湯を入れて、お茶の浸出を待ちます。
お湯の量は、お茶を入れる器の半分位の量が目安です。
お茶の浸出は、普段急須で淹れられる時と同じ位の1分から1分半位。
3.氷を一杯に入れた器にお茶を注ぎます。

<内容量>


一煎パック(10g)×2パック


「玉露(上)」
説明の要らない位有名な、高級茶の代名詞です。
このお茶では、玉露の特徴である甘みと、
少量を舌の上で転がすという飲み方をしていただける、
氷出しをお勧めします。

<淹れ方>
淹れ方自体は、とても単純で、急須に茶葉を10gと氷を100g入れてもらい、
冷蔵庫に中で氷が解けるまで待つだけです。一晩位と、すごく時間のかかる淹れ方ですが、
日々の喧騒から離れて、ゆったりとしたお茶の時間を楽しんでいただければと思います。
<内容量>


一煎パック(10g)×2パック


「かぶせ玄米茶」
暑い季節こそ熱い飲み物を、という方もいらっしゃるかと思います。
玄米茶でしたら、お湯の温度もさほど気にせず、サッと淹れていただけるかと思います。

<内容量>
100g袋×1袋

参考記事
もちろん水で出しても、美味しく召し上がっていただけると思います。
【チャッティーとエスプレッソな緑茶で作るクリスマスツリーはいかがですか?】

上記のお茶に加えて、ペットボトル用茶こし「チャッティー」本体と、
お茶パックより大きくて茶葉が広がりやすい「だしパック」をお付けしています。

※恐れ入りますがチャッティーのカラーはお選びいただけません。

悪しからず、ご了承くださいませ。

これらのお茶を普通に買いますと、
「上かぶせ」1煎パック200円×2パック=400円
「煎茶(金)」1煎パック200円×2パック=400円
「煎茶(燻銀)」1煎パック200円×2パック=400円
「玉露(上)」1煎パック300円×2パック=600円
「上かぶせ」50g袋×1袋=650円
「かぶせ玄米茶」100g×1袋=540円
「チャッティー(ペットボトル用茶こし)」×1個=216円
「だしパック」15枚入×1パック=108円
以上で合計3314円+「送料」となりますが、

今回は、送料無料で3000円のご提供とさせていただきます。

配送方法は、日本郵便のポスパケットになります。
お荷物の番号追跡が可能で、ご不在時でも、安心のポスト投函です。

これから、まだまだ暑くなりますが、冷たい緑茶で暑さを凌いでいただければ幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
今後とも泉屋茶舗をよろしくお願いいたします。

 

【冷茶セット始めました。】

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします