チョコレートとコーヒーはどうやって合わせれば良いの?

チョコレートとコーヒーは奥深いですが、合わせ方のコツがわかれば、深みのある至福の一時が愉しめます!!

by イタリアからの贈り物 Food

View

48

値段

¥ 2,010

在庫数

50 ~

チョコレートとコーヒーはどうやって合わせれば良いの?

編集日時: 2021/04/19 13:19

チョコレートとコーヒーの組み合わせはとても奥が深く、共にヨーロッパで似た歴史を辿ってきた嗜好品で、

原産国もアフリカや中南米ととても類似点が多くあります。その分、相性もとても良く、

日本ですと抹茶と和菓子が一緒に出されるされるように、イタリアのバール(喫茶店の意味)に入ってコーヒーを頼むと、

大概1-2個のチョコラティーニ(イタリア語で小さなチョコの意味)をつけて、バリスタがサーブしてくれます。

それぐらい、歴史も似ていて、とても合わせやすい組み合わせなのです。

コーヒーもチョコレートも果実の種を焙煎して香りを出したり、香り自体もお互い通づる点が多く、

原料の共通点や製造時に工程が似ているということもあり、

コーヒーを飲んでいるとチョコレートが食べたくなるという方もとても多いのではないでしょうか?

そしてコーヒーの原料のコーヒ豆とチョコレートの原料のカカオ豆には、

いずれもカフェインや抗酸化物質のポリフェノールが含まれて、恒常的に一定量を摂取すると、

血糖値が抑えられて、高血圧や糖尿病のリスクが低くなるという、健康効果もあります。

ただ、チョコレートもいろいろなチョコレートがある上、コーヒーもこだわりのある人は、

豆やコーヒーの飲み方などとても奥が深いです。

簡単ですが、どんなチョコレートにどのようなコーヒーを合わせた方が良いのか、

具体例を出して、紹介していきましょう。


1.代表格のミルクチョコレートには、カフェラテが合う?!



ミルクチョコレートには、ブラックの無糖のコーヒーが合うと思う方が多いと思いますが、

チョコレートのミルクの匂いが悪い意味で目立ってしまうのであまりオススメしません。

逆に濃厚な感じのあるコーヒーにミルクをたっぷり入れたカフェオレやカフェラテ、

あるいはカプチーノのような牛乳をつかったコーヒーの方が、匂いがどうかして美味しく感じます。

コーヒーの苦さとチョコレートの甘さのコントラストでバランスをとるとよいと考えがちですが、

同じような匂いや味のもので一緒に同化させて摂取した方が、調和が取れて良いと思います。


2.ビターチョコレートには、ブラックコーヒーがおすすめ!!


1の理論で考えると、同じような匂いや味のものを合わせると、チョコもコーヒーも嗜好品なので、

調和や余韻が楽しめるという観点で考えるので、苦味のあるビターチョコレートの場合は、

ブラックの深煎りのコーヒーとマッチします。深煎りとは、長い焙煎時間をかけてコーヒー豆を煎ったコーヒーで、

コーヒーを入れると茶褐色で、酸味がない代わりに、香ばしいローストの香りや焙煎の苦味がする、コーヒーです。

同じような味わいのものですと、コーヒーもチョコも同じような製造方法なので、喧嘩することなく、

味や香りに深みが出るわけです。


2. ナッツ系のチョコレートには、浅煎りのコーヒーが合う!!



チョコレートの中でも人気の高い、いわゆるナッツ系と言われるチョコレートもコーヒーには合います。

コーヒーも深煎りの対極にあるものは、浅煎りで、浅煎り豆のコーヒーを入れると、

シナモン程度の浅い色付きで、豆の酸味がそのまま出るので、酸味があり、豆本来のフルーティーな味わいが楽しめる

コーヒーに仕上がります。ですので、ナッツ系のチョコレートを食べる際は、浅煎りのコーヒー豆を使ったコーヒーと

一緒に口に含むと、双方のフルーティーさが喧嘩することなく、口の中で余韻が響いて美味しくなるというわけです。

とくに、香りが良いヘーゼルナッツのチョコレートのジャンドゥーヤは、フルーティで酸味のある浅煎りのコーヒーとは

マッチ度合いが高いと言われています。


コーヒーとチョコレートの合わせ方の一例を参考程度にあげてみましたが、

同じような環境で栽培された原料であることと、似た製法で作られている嗜好品ということから

考えると似た味のものを合わせて食べると、味に深みが出て、愉しめるということを

ご理解いただけたと思います。コーヒーもチョコレートも様々な原産国の、

多くの種類のものがいっぱいあるので、アレンジは無限にあります。

ぜひご自身の美味しい食べ方を見つけてみてくださいね。


今回お勧めするチョコレートはイタリア産のヘーゼルナッツのチョコレートです。

ヨーロッパで時期に応じて良いカカオを使い、美味しいチョコレート作っている地域といえば、ヨーロッパ!!

その中でも食べやすいチョコを作っている国といえばイタリアです。
特にイタリアでも味に一目置かれているのは、ヘーゼルナッツのチョコレートです。
ヘーゼルナッツのチョコレートは、やっぱりイタリア産に限ります。

イタリアの北部の都市トリノで有名なヘーゼルナッツのチョコレート
"ジャンドゥーヤ"は今の時期おすすめです。

カカオ分が多く、ジャンドゥーヤの定番の味のアソート、
 BOX100gセットは、有名な定番ヘーゼルナッツチョコ、ミルク味、
カカオ味、ヘーゼルナッツのみの味と4つのフレーバーがセットになっている、お得なパッケージです。



私たちの扱うProdotti Gianduja di Torino社のジャンドゥーヤは、1950年創業のチョコレート製造会社で、
世界に名だたるチョコレート製造業者への製造機械販売経験を活かして起業した、チョコレートの製造を知り尽くした会社です。いまでも有名なチョコレート製造業者へ機材供給や技術指導を行なっています。

チョコレートの甘さもすっきりしており、どの味もスッキリしている中に、
濃厚でとても食べやすく、また食べたくなる1品です。
世界のチョコレートを扱うお店のプロにも、食べていただきましたが、
「美味しいチョコで、現地の人が味わう本物嗜好の味だね!!」と大好評です。
濃厚な味ですが、スッキリして爽やかな味わいなので、とても食べやすいです。

カカオ分が多く、健康に良いだけではなく、グルテンフリーなので、体にも安心でしかも美味しい一品です。
美味しいですが、高級チョコレートと比べリーズナブルなので、お求め安い価格設定になっています。

召し上がっていただくには、今一番良いシーズンを迎えているイタリア・トリノ産の本場のジャンドゥーヤ。
今の時期ですと、ゴールデンウィークのステイホーム時のご自宅用、母の日のギフトなど、
ご家族で至福のときを過ごされる際に最適のチョコレートです。

お知り合いにあげても、ご自身で食べても幸せな気分になれますよ!!

お買い求めは、こちらから!!





チョコレートとコーヒーはどうやって合わせれば良いの?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします