ニードルパンチの土台布を張るキュートな「専用フレーム」が出来上がりました!

ニードルパンチの土台布を張るための専用フレームです。 HOWARD BRUSH(USA)社製のグリッパーストリップを使用して「使わない時も可愛いフレーム」に仕上げました。 ぜひ創作活動にお役立てくださいませ♡

by Loop & Needle

View

347

値段

在庫数

ニードルパンチの土台布を張るキュートな「専用フレーム」が出来上がりました!

編集日時: 2018/05/18 18:45

ニードルパンチをする時、土台布を何に張るかはとても重要です。

刺繍枠でもいいのですが、毛糸を刺し終わったところはとても分厚くなっていますので、

刺繍枠では挟めなくなります。

大きめ作品を作る際は、刺繍枠ではなく、グリッパーストリップ付きのフレームが重宝します。

 

 

グリッパーストリップとは、金属でできた「ベルクロ」のようなもので、

布を傷つけることなく、しかし、しっかりとホールドします。

 

国内では販売されていませんので、HOWARD BRUSH(USA)社から輸入しています。

木枠を作って打ち付けてもいいですが、

枠のサイズに合わせてベルトを切る際、針を抜いてから切らないといけなかったり…

意外と手間がかかります。

 

 

 

皆さまからも「フレームから自作は面倒」とのお声をいただいておりましたので、

完成品をデザインいたしました。

 

いろいろ試作をしましたが、大きさ、重さ共に扱いやすい「脚なしタイプ」でご紹介です!

 

 

 

パイン材をペイントし、デコレーションして本体を作っています。

4角はL字金具で補強して、強度も十分です。

 

ニードルパンチのほか、フックドラグ、ロッカーフックドラグにもご使用いただけます。

 

土台布の張り方は「ニードルパンチの始め方」動画の始めの方でご説明しています。

 

 

 

窓はA4よりも一回り大きなサイズ、

ラグなどは、場所をずらしながら刺していきます。

 

 

使わない時は、壁などに立てかけてインテリアフレーム風に♡

 

 

ぜひ、ラグなどの大きめ作品も作ってみてくださいませね!

 

 

 

ニードルパンチの土台布を張るキュートな「専用フレーム」が出来上がりました!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします