可愛い毛糸で手芸しよう♡極太毛糸でも扱いやすいニードルパンチ用ニードル

可愛い毛糸を自由に使える、新しい手芸。 フリーフッキングとニードルパンチ。 特に、ニードルパンチの【極太毛糸用ニードル】のご紹介はきっとあなたの創作意欲を駆り立てることでしょう。

by Loop & Needle

View

5.6K

値段

¥ 3,500

在庫数

0

毛糸は好きなんだけれど、編み物は苦手…でもこれなら楽しい!ってきっと思えます♡

編集日時: 2018/02/24 22:28

寒くなってくるこの季節…とっても気になる『毛糸』

手触りや色、そしてテクスチャーのバリエーション…とても魅力的です。

「この可愛い毛糸で何か作りたい♡」

毛糸コーナーでいつも長居してしまいます。。

 

気になった毛糸を、1玉買ってみたり…

高校生の頃から手芸ボックスに入っている毛糸玉をまだ取ってあったり…

 

 

でも編み物は難しいので、いつも「何作ろうかな…」で止まっていました。

そんな時に出会ったのがワシントンD.C.の友人から教えてもらった「フックドラグ」

 

フックドラグはウールの生地を細く切って麻布の裏から引き出してくる手芸。

ループ状の…ちょうど絨毯のような仕上がりになります。

 とても楽しく制作していましたが、ウール生地を細く切ったものが日本にはめったになく…

ですので、古着のウールコートを自分で5mm幅に切って作ってみたりしましたが、

なかなか正確に5mm幅のリボンは切れませんでした。。

 

 

 

そこで「フックドラグを毛糸でやってみよう!」と思ったのです。

のちにそれは「フリーフッキング」や「ニードルパンチ」というジャンルの手芸だとわかりました。

しかし、ラグやタペストリーなど、わりと大物がポピュラーなのかしら? と見受けられる中…

気の短い私は、なるべく早く仕上げたい!と思いオリジナルで雑貨をデザインし始めました。

もちろん、小さくて早く出来上がるものを!

 

 

 

 

フッキングは下から毛糸を引き出してくるもの…

太い毛糸もネップヤーンも、どんな毛糸もフックできました。

土台布に絵を描くように…自由に作品を仕上げられます。

 

その反対に「パンチング」という技法があります。

専用のニードルで、糸を決まった長さに押し出すのです。

押し出すと裏にループが残ります。そう…パンチングは裏が作品の表となるのです。

 

ですから、フッキングとパンチングは表裏の技法。

毛糸のループを引き出すか、押し出すか…の違いなのです。

 

 

 

パンチングの魅力は…フッキングよりも圧倒的に早く刺し終わり、ループの高さが安定します。

 

 

 

自分の手が機械になったかのように、リズミカルに刺していかれるのもとても気持ちがいいです♡

 

 

 

現在、国内ではなかなか手に入らないこのニードル…

やっと取り扱うことができました。

極太毛糸で塗り絵をするような…この楽しい手芸をぜひ経験してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

そして、ネップヤーンやスラブヤーン、引き揃え毛糸など、パンチニードルに入らない毛糸は…

鍵編み棒でフックして仕上げればいいのです。

 

 

フリー・フッキングとニードルパンチ…

この2つの技法で、可愛い毛糸の数々が、自由にあなたの表現に加わります♡

 

 

 

 

 

 

毛糸は好きなんだけれど、編み物は苦手…でもこれなら楽しい!ってきっと思えます♡

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします