スポーツ選手が育てるイチゴ!!しっかりとした甘さに酸味が広がる大人の味

「アスリート×農業」で日本一を目指すスポーツ選手たちが育てたイチゴのご紹介です。 農家なの?アスリートなの?いえ、どちらも正解です。

by フレッサ福岡コラボショップ

View

486

値段

¥ 2,000

在庫数

0

スポーツ選手が育てるイチゴ!?

編集日時: 2018/01/29 12:38

☆イチゴの王様「あまおう」

初めまして、フレッサ福岡×HSGコラボショップの前川です。
今回ご紹介したい商品は、福岡県が誇るブランドイチゴ「あまおう」です。

「あまおう」は「あまい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとった、まさにイチゴの王様といえるイチゴです。

その大きさはギネス世界記録にも登録されるほどの大きさ。
しっかりとした甘みの中に、ほのかな酸味が広がる大人の味です。

福岡県内のみでしか栽培が許可されていないため、この時期を代表する福岡のブランドイチゴです。
通常のイチゴと比べて、果肉が中まで赤く、濃厚な味わいは一度食べたら病みつきになること間違いなしです。

☆「アスリート×農業」異色のコラボ

しかし!この商品ただの「あまおう」ではないのです。

このあまおうの生産者は、福岡県糸島市に拠点を置いて活動する、ハンドボールチームフレッサ福岡の選手たちが育てたイチゴなのです。
フレッサ福岡の選手たちは、不況で休廃部にあえぐ実業団スポーツ界に一石を投じるために、自ら農業で稼ぎながら競技を続けている、異色かつ異職のアスリートなのです。

フレッサ福岡

その取り組みは全国からも注目を集めています。(写真はイチゴの手入れをするフレッサ福岡のゴールキーパー畑勝也選手)

☆移住したい町No.1「福岡県糸島市」で育てられています

彼らの圃場は、福岡県の西部に位置する糸島市です。
福岡県内においても、住みたい町No.1になるなど、海と山が隣り合う自然豊かな町であるにもかかわらず、福岡都市圏から車でわずか30分という至便さで今注目が集まっています。

移住したい町No.1(ハフィントンポストより引用)

 

☆海外セレブも行列をなすほどの味

さらに、彼らの農産物を販売し、チームを支援する株式会社High Speed Greenでは、彼らの作るイチゴにさらなる価値を求めて、海外への輸出を行っています。

彼らの育てたイチゴは、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビやドバイの高級レストランなどで使われるほど高品質なイチゴなのです。(写真はアブダビ最高峰のシーフードレストランCatchでニューイヤープレートのデザートとして弊社のあまおうを採用していただいた際のサンプル画像です)

高級スーパー「アベラ」の店頭に並ぶ日には、開店前から行列ができ、開店直後には完売をしてしまうほどの人気を誇っています。
昨年は、在UAE日本大使館主催の「天皇誕生日レセプションパーティ」で振舞われた一品で、中東を中心に着実な人気を集めています。

さらには、マレーシア、シンガポール、香港とその販路は拡大を続けています。

今回は、この「あまおう」(9玉~15玉)を2パックセットでご用意いたしました。
 

アスリートが育てるブランドイチゴ、世界をまたにかける「あまおう」ぜひともご賞味の上、フレッサ福岡を応援してください。

イチゴだけではなく、加工品やほかの野菜なども販売しておりますので、是非一度ショップに足を運んでみてください! 

お買い求めはこちらまで。
フレッサ福岡×High Speed Greenコラボショップ

スポーツ選手が育てるイチゴ!?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします