心がスッと静まる、そんな生活も悪くない。小さな丸い「一輪挿し」で肩の力を抜いた生活を

季節は夏真っ盛り。あちこちで色々な植物が豊かに手足を伸ばす季節ですね。花を生けるというと、なんだか格式張った感じをイメールする方もいらっしゃるかもしれませんが、もっと気楽に肩の力を抜いて、花や植物が生活に馴染んだものになったら素敵だな、と思いで作った、小さな小さな一輪挿し。

by hotori memento ホトリ・メメント

View

796

値段

在庫数

小さな丸い、一輪挿し

編集日時: 2018/04/14 20:12

 

小さくてまん丸な、かわいい一輪挿しができました。

丸い形と曲線の柔らかさを大切にデザインし、底辺の糸底もあえて設けず、底は平たくなっています。

 

 

季節は夏真っ盛り。あちこちで色々な植物が豊かに手足を伸ばす季節ですね。

 

花を生けるというと、なんだか格式張った感じをイメールする方もいらっしゃるかもしれませんが、

もっと気楽に肩の力を抜いて、花や植物が生活に馴染んだものになったら素敵だな、と思いで作った、小さな小さな一輪挿し。

 

 

もちろんお花を活けても素敵ですが、葉っぱや小枝をサッと挿しても素敵ですよ。

 

また水を張らずに乾燥した木の枝葉を挿すだけでも、インテリアのアクセントになってくれます。

 

 

 

製作はカンボジアはコンポンチュナン州で活動される、コンポンチュナン焼きによるものです。

製作映像はこちらをごらんくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=oiHkFx8kzjQ

 

カンボジアの自然豊かな山の麓に窯を構える、コンポンチュナン陶器。

ここでは、人々の暮らしの中に、陶器作りが自然な生業として存在しています。

豊かな自然、かけがえのない家族、人々の生業が境目なく溶け込む様子が印象的な風景。

 

筆者も実際にこちらに通っていますが、空気が澄んだ工房に、足踏みロクロの音が響く様子に、毎回心を洗われています。

 

 

みなさんも、草花を一輪挿す時、スッと心が静まるような、そんな体験ができるかと思います。

 

そんな時、この一輪挿しの背景にはこんな風景があるんだと、思い返していただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

小さな丸い、一輪挿し

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします