誤差1cmで全身をAI採寸できる【Bodygram】アプリが登場!

AI採寸技術のBodygram Japanは6月26日、服を着たまま全身の推定採寸を行える「Bodygram」アプリのiOS版、Android版を公開した。

by hidedonshop

View

102

値段

¥ 3,200

在庫数

50 ~

誤差1cmで全身をAI採寸できる【Bodygram】アプリが登場!

編集日時: 2020/07/08 18:12

洋服のネットショッピングでの不安と言えば・・・・・服の買い物だと「タイトなのか?」・「ゆったりなのか?」サイズ感がわからない

事だと思います。

そんなお悩みを解消する画期的なアプリが登場しました。ZOZOスーツのアプリ版でパワーアップした感じです。


今般発表されました「AI採寸の【Bodygram】」の登場により、細かい採寸が確認できるようになりました。

なんと誤差が1cmという事で、ほしい服のサイズ表から「タイトなのか」「ゆったりなのか」がご確認できるようになりました。

ご自身採寸することによりSなのかMなのかサイズ感を掴むことが可能です。

しかし、記事の肌触りなどはご確認できませんが、画期的なアプリの登場により、洋服などのネットショッピングを楽しめます。

ぜひ、この機会にダウンロードしていただき、お試しください。

AI採寸技術のBodygram Japanは6月26日、服を着たまま全身の推定採寸を行える「Bodygram」アプリのiOS版Android版を公開した。従来同社は、一部の企業・サービスにAI採寸技術を提供していたが、自社アプリとして公開。一般ユーザーも手軽に身体サイズを推定採寸し、測定結果を取得できるようになる。あわせてトランスコスモスとのパートナーシップ締結も明らかにした。

これまでBodygramは、人工知能(AI)による学習機能を利用し身体サイズを推定する技術をアパレル(ユニクロ、SHOPLIST.com by CROOZ)、ヘルスケア(花王 ヘルシアの「モニタリングヘルス」)、寝具(エアウィーヴ オンラインショップのレコメンドサービス)といった業界に提供。

今回配信のBodygramアプリでは、年齢・身長・体重・性別を入力し、服を着たままスマートフォンで正面・側面の2枚の写真を撮影するだけで被写体のボディラインを自動検出。腹囲・肩幅・手足の長さなど24ヵ所の全身サイズを±1cmの差異で推定できる。

Bodygram Japan

アプリにユーザー登録を行った者には、計測データを記録しておけるBodygram IDを発行。Bodygram技術を導入している企業のアプリ・サービスを利用する際に、Bodygram IDおよび記録データを流用できる。登録ユーザーが自分のIDやデータを安全に管理できるよう、共有する企業を選択可能となっている。

またBodygramアプリは、一般ユーザー向けの提供ではあるものの、企業も自社サービスに組み合わせた運用が行える(Bodygram Japanへの申し込みが必要)。企業が独自アプリを開発する前段階のステップとして、またはシンプルに採寸機能のみを利用したい場合にも利用できる。

法人としてのアプリ導入先としては、クロスフィットみなとみらい、クロスフィット辻堂への導入が決定済みで、このほか小売分野などで共同展開の検討が進行しているという。

トランスコスモスは、Bodygramとのパートナーシップ締結を受け、AI採寸技術「Bodygram」に関連する開発・運用・分析・サポートまでを統合的に支援するBodygram特設チームを設立。業務アプリへの組み込みサポートほか、身体採寸データのナレッジ化に伴う分析などの付加価値サービスも提供する。

リテール・アパレル店舗での試着レスのニーズに対しては、非接触採寸や店舗・ECとの連携、身体データ活用の健康管理サービスの推進を目指す。また、顧客企業が保有するデータベースと身体データを活用した新しいアナリティクスサービスを展開。保険業界には、Bodaygramを介した、健康増進型保険などの基礎データの提供・分析サービスを提供していく。

誤差1cmで全身をAI採寸できる【Bodygram】アプリが登場!

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします