もうすぐ敬老の日。上品な蒔絵グラスにメッセージを入れて大切な人にプレゼントしませんか?

もうすぐ敬老の日ですね。上品な桜の蒔絵が入ったグラスにはメッセージをいれることができます。普段の感謝の言葉はもちろん、お孫さんからの手書きメッセージもいれることができるんだとか。思いの伝わる素敵な贈り物になりそうですね。

by アトリエ ハート軽井沢

View

1.2K

値段

在庫数

敬老の日に贈りたい。上品な蒔絵グラス。

編集日時: 2016/08/29 12:17

2016年の敬老の日は、9月19日の月曜日。

 

国民の祝日に関する法律によると、

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としているそうです。

 

年寄り・老人とは、統計上や老人福祉法上では65歳以上とされ、

国連の定義では60歳以上、WHOでは65歳以上となっています。

 

しかしながら、早婚で、子供も早婚の場合、

40代でおじいちゃん・おばあちゃんになる方も少なからず居ますので

老人ではない人も、「おじいちゃん・おばあちゃん」になりますし、

70代・80代でも、まだ自分は「老人」じゃないと頑張っている方も多い事でしょう。

 

 

一般的には、敬老の日は、

続柄の「おじいちゃん・おばあちゃん」に感謝する人が多いと思います。

 

そんな敬老の日にピッタリな桜の蒔絵が施された名入れのグラスです。

赤と黒のペアで、底面に紀州漆器の上品な桜の蒔絵が焼成されています。

メッセージは縦書きでも横書きでも可。

お孫さんの手書き文字でも入れられます。

 

日本伝統の蒔絵と洋風なグラスがコラボレーションした上品なグラスに

メッセージを添えた、たった一つの特別な贈り物になります。

敬老の日に贈りたい。上品な蒔絵グラス。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします