天の川の二人が逢えますように。七夕に宇宙に広がる星たちを想わせる『ハラン・銀河』

大地に根付く植物が、夜空と同じ輝きを放つなんてすごく神秘的ですよね。大小様々な斑模様が宇宙の銀河系を思わせる、美しい葉をしたハラン・銀河の花が咲きました。「ハラン、持ってるのに花を見たことがないな~」という方は根元にひっそりと咲いているで、お庭の中を探してみてくださいね。

by hanazukin(花ずきん) 農家直送の花苗・シンビジュームの花束

View

429

値段

¥ 800

在庫数

5

【七夕】天の川の二人が逢えますように。宇宙に広がる星たちを想わせる『ハラン・銀河』

編集日時: 2017/07/06 16:22

 

もうすぐ七夕。

 

壮大な宇宙にいくつかの銀河系があり、天の川もその一つ。
七夕の頃になると、なんとなく夜空を見上げて無数の星の美しさに感動します。

 

星の瞬く夜、今年の二人は逢えるかな…とか
宇宙に比べれば、人間はなんてちっぽけなんだ…と思う瞬間です。

 

宇宙の端をまだ誰も見たことがありません。
宇宙はまだまだ続いているといいます。数えきれないほどの星があって
とてつもない世界が広がっているなんて、想像するだけでも不思議ですよね!

 


ここにも。ちいさな銀河が広がっています( ☆∀☆)
まるで壮大な銀河を想わせる、美しい斑入りのハランです。

 

ポットの中でも、ひっそりと花が咲いていました。
地面から咲く姿は「他の花が落ちたのでは?」と思うような不思議な形。

 

 

手のひらサイズのハランの根元から咲く、濃い紫が可愛らしいこの花は
小さな銀河系で出会った、ちいさな宇宙人と言ったところでしょうか。

とてもユニークな形をしています。

 

 

ハラン、ハランと聞いてピンときた方は料理人さんですね!
そう、この植物、じつはお弁当を仕切る「バラン」の由来なんですよ。

 

やや厚みがあり、しなやかで竹の葉のような質感をもつ葉は、
昔から、お弁当の仕切りなどに使われていたようです。

 

そして、その形を真似たのが
あのギザギザした”草”と呼ばれる(呼ばない?)『人工バラン』なんです。

 

昔から馴染みのあるバランは、この、ハランだったんです。
おかずの味と味がまざらないよう、ずっとずっとがんばってきたハラン、
ちょっと懐かしくて、嬉しい発見だったでしょう?

 


星屑をまとったような葉が、沢山連なり、銀河系を形成します。

 

美しさにより一層磨きのかかった『銀河』を影植えにして、
お庭の片隅に、ひっそりと銀河の広がりはいかがですか?

 

そして今年も、天の川の二人が逢えますように!

 

 

【ハラン・銀河】

 

【七夕】天の川の二人が逢えますように。宇宙に広がる星たちを想わせる『ハラン・銀河』

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします