グルテンフリーはレクチンフリーのひとつ、レクチンフリーテンペ創りました♪

グルテンフリーはレクチンフリーのひとつってご存知ですか? レクチンフリーテンペはここにあります。 https://furukawafood.shopinfo.jp/ お体のすべての炎症が気になる方に、 レクチンフリー食のひとつの素材として、 お手伝いさせていただきます。 発酵ってすばらしい!!

by かわむきてんぺを知っていますか?「体を整えると心が和む。そして想いが叶う」

View

188

値段

¥ 700

在庫数

5

グルテンフリーはレクチンフリーのひとつ、レクチンフリーテンペ創りました♪

編集日時: 2018/09/10 17:10

こんにちは!

こちらのブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

 

かわむきてんぺを作っています 古川食品 西田恵美子です。

 

栄養価が髙いテンペを日本人の味覚に合うよう、一粒・ひとつぶ、手で大豆の皮をむいています。

「体を整えると心が和む。そして想いが叶う」とわたしは、思っています。

 

今回ご紹介させていただきます商品は、「自然栽培豆 かわむきてんぺ」です。

今、レクチンフリー食が注目されていることを、ご存知でしょうか?

◆レクチンって何?◆

2018年6月に日本でも本が発刊されました、

ガンドリー博士の「食のパラドックス」を読んで頂きたいです。

(科学や医学的な内容を分かりやすく解説してあります。)

 

この本によると、

  • レクチンとは、植物タンパク質の中でも大きなタンパク質の総称。グルテンもレクチンのひとつ。)植物が捕食者から身を守ったり攻撃する(相手を弱らせて自分たちを食べないようにする)ための物質。主に、植物の種・皮・外皮・葉に含まれている。
  • 小腸に穴をあける・・・植物が捕食者を弱らせる方法として、小腸の粘膜を傷つけ、穴が開くと未消化物が血液中に流れ込む。そのことで、体の弱いところで炎症反応が起こったり、レクチンは免疫を乱し、自己免疫疾患(免疫が勘違いして体内の正常な部分も攻撃してしまう)を引き起こしてしまうとのこと。
  • ガンドリー博士は以前は一部の人だけの症状だと思っていたリーキーガット症候群が、ほぼすべての炎症や疾患の元であると確信し、一定期間レクチン除去することで、小腸の内壁を修復できるということを何万人もの患者さんたちとの検証で解明された。

ガンドリー博士の「食のパラドックス」の中に、「食べてはいけない食品」と、「食べて良い食品」のリストがあります。

レクチンフリー食をする場合、豆類では、あらゆる豆類(モヤシ含む)、豆腐、大豆プロテイン他が、食べてはいけない食品になります。

ただし!

完全に発酵している豆類はレクチンが分解されて無害化されているので大丈夫だそうです。

例えば、昔ながらの製法の「納豆」「味噌」「たまり醤油」と、穀類が含まれていない【テンペ】が大丈夫なんだとか!!

 

なっ、なんと!!!

本のあちらこちらに、テンペ、テンペと記載があります。

 

ん? 

ちょっと待って。

ガンドリー博士は、穀類が含まれていないテンペを推奨している。

 

 

「あかん、わたしがつくるテンペには、わずかだけど、穀物が入っている。」

どうしよう。。

なんとかしないと。。

なんとかしたい。。なんとかしたい!! なんとかしたいーーーー!!!

 

 

テンペを食される皆様の、お体や美容のお役に立てればという思いが、湧いてきました。

その一心で、レクチンフリーテンペ作りを挑戦しました。

 

おかげさまで、

2018年8月より、穀物が含まれていないテンペとなりました。レクチンフリーテンペです。(全商品)

穀物から、本葛に変えて、テンペつくりが始まりました。お値段据え置きです。

本葛の効能も入りますので、本当に、お腹にいいテンペができたな。。と思います。

大豆を発酵させてつくるインドネシアの伝統食品【テンペ】が、レクチンフリー食材として各国で注目を集めてきています。

しかも、【かわむきてんぺ】は、皮をむいて、1日以上発酵させる高発酵。 まさに、レクチン除去食材です。

 

テンペは、和食・洋食・中華そしてデザート、和菓子にと、どんな料理にも合います。

↑レクチンフリーにする場合、グラニュー糖をステビアや羅漢果に変えてください。

 

◆古川食品のテンペについて◆

かわむきてんぺと、ドライてんぺの原材料は、

大豆(自然栽培豆もしくは、国産豆)、本葛粉、テンペ菌、酢。

1日浸水、1日かわむき、1日以上発酵させ、完成後すぐに冷凍しています。

火入れしていませんので、テンペ菌が活きています。

かわむきてんぺ、ドライてんぺを使う際は、冷蔵庫で解凍後、すみやかに料理してください。

生食も可能です。

なお、高温・多湿の状態においておくと、発酵が進みます。

 毎日、少しずつ(30~70g)、食べていただけると、お腹の調子がよくなる方が多いです。

 

 

 
 
 
 
 
◆かわむきてんぺ と、 ドライてんぺの料理レシピ◆
クックパッドにて、テンペのレシピをどしどし公開中です♪

 
§ かわむきてんぺ ホームページは、こちら。
 
§ かわむきてんぺ ヒストリーは、こちら。
 
§ 自然栽培豆については、こちら。
 
また、Instagramもやっておりますので、ぜひお気軽にフォローしてください。
Instagram :  furukawafood
 
お読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

グルテンフリーはレクチンフリーのひとつ、レクチンフリーテンペ創りました♪

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします