<本当に贅沢な物とは>クラシックでシンプルなレザーショルダーバック

至極の革を使用した革鞄

by fouji

View

65

値段

¥ 29,700

在庫数

1

<本当に贅沢な物とは>クラシックでシンプルなレザーショルダーバック

編集日時: 2020/07/09 20:12

素晴らしい素材を、人の手で紡ぎあげた物ほど贅沢なものはありません。






イタリアンレザーの数あるタンナーの中でも突出した魅力を持つ<Concertia800社>


イタリアのトスカーナ州で生産を営み、数多くの有名メゾンの革を手掛けている。

主にフランス原皮を使用し、イタリアの伝統的な製革法であるバケッタ製法により植物タンニンなめし革(植物由来の鞣し剤を使用した革)を製造している。


イタリアでも数少ないピット槽を使用した鞣しを行うことができるタンナーで、伝統を重んじる一方、多くのタンナーが属するイタリアの業界団体「イタリア植物タンニンなめし革協会」から離脱し、独自の発想、経営概念を持った<時代性>の優れたタンナーでもあります。


<オットチェント(800)>の社名は<8世紀>を意味し、これはバケッタ製法が生まれた時代を指しています。

そのConceria800が作るOIL BREAD(オイルブレッド)。

滑らかで程よいツヤを持った銀面、タンニンの独特な甘い香り、シンプルながら質の高さを感じさる革。
オイルを多く含んでいるので、経年変化で味わい深く変化します。






革の説明が長くなってしまいましたが、そんな最高級の上質な素材は、素朴に手作業で紡ぐのが最も贅沢だと思います。

もちろん、ミシン作業も<手作業>ですし、手縫いもミシンも良い所、悪い所があるので、どちらが上という訳ではありません。





シンプルなボックスシルエットに、開閉はベルト式と、クラシックなデザインを採用。

黒のオイルレザーによく合う真鍮パーツ、コッパーリベットを使用しています。

裏地や内ポケットは無く、無駄な物は一切省いた仕様になっています。





これ以上ない程のシンプルさですが、大きな存在感を放ってくれるバッグです。

シンプルな構造だけに、壊れにくく、修理もし易くなっています。


本当の意味での<一生モノ>を是非。



※モデル 175cm 


instagram


web shop


<本当に贅沢な物とは>クラシックでシンプルなレザーショルダーバック

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします