お客様の声から完成!ドレスの魅力を最大限に上げるウェディングベール

Verawang より火種がついた、おしゃれ花嫁様の間で人気の三段ベールワイド幅をご紹介いたします。

by FINEBLOOM

View

287

値段

¥ 28,750

在庫数

6

お客様の声から完成!ドレスの魅力を最大限に上げるウェディングベール

編集日時: 2019/12/07 18:23

ウェディング事業の下請けを行っている「FINEBLOOM」です。



突然ですが、みなさんはウェディングベールの意味をご存知ですか?


ウェディングベールは古代ギリシャ時代より「花嫁様を魔物から守る」という意味で付け始めたと言われています。

今では「母親の愛情」の表現として、ベールダウンの儀式も定番となってきました。


日本では和装が主だったことから、結婚式でウェディングドレスが取り入れられたのは1873年(明治6年)。

正確な年数はわかりませんが、ウェディングベールの歴史が紀元前とすると、日本の歴史はまだまだ浅いです。


今では日本のウェディングドレス業界も賑わっていますが、「バルーンベール」や「三段ベール」といった、

デザイン性のあるウェディングベールの生産はまだまだ少ないです。



今回はデザインベールの中でも人気のある『三段ベールワイド300㎝幅』をご紹介いたします。



装飾の無いシンプルなバックベールがトレーンの装飾をキレイに魅せます。

魅力はトップのふんわり感。

すべて長さの違う3枚のベールで、グラデーションのような印象に。






三段ベールに使用している生地は、日本製(190㎝幅)とフランス製(300㎝)の2種類。

納得のいくハリと柔らかさになかなか出会えず、インターネットだけでなく自らの足で問屋巡りをしました。

東京の日暮里や大阪の船場...色々なところから情報を得てやっと巡り合えたソフトチュールです。



もともとは日本製チュールのみで190㎝幅の三段ベールを制作していたのですが、

お客様からお問合せが多く、300㎝幅の制作をはじめました。


日本製のソフトチュールにはウェディングベールに使用できる300㎝幅が生産されていない為、

インポートドレスにも使用されているフランス製チュールの仕入れを始めました。

なんと、仕入原価で4倍の差があります。


こうして今や当ショップの1番人気、『三段ベールのワイド幅』が誕生しました。





コームは日本製の22本足銀メッキ。

根元部分が目立たないよう、サテン生地でコーム部分を包み込む縫製をしています。

この仕上げは手作業で丁寧に仕上げていきます。




最後に幅の違いです。

190㎝規格幅。

300㎝ワイド幅。


トレーンの大きなプレンセスラインには300㎝のワイド幅がピッタリです。



今では挙式に限らず、前撮りや後撮りでもウェディングベールをご着用される花嫁様が増えてきました。


もちろん三段ベール以外にも、シンプルなウェディングベール・可愛らしい雰囲気のバルーンベールなど種類も販売しています。

長さの変更も可能ですので、運命のドレスのにピッタリのウェディングベールをお選びください。


お客様の声から完成!ドレスの魅力を最大限に上げるウェディングベール

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします