「正月事始め」の日、お正月の準備をはじめてみませんか?

縁起の良いと言われている「五色」を使った、流れと空間を活かしたプリザーブドフラワーアレンジメント。プリザーブドフラワーは水やり不要・長年楽しめること、そして生花を加工しているので「瑞々しさ」も魅力です。

by アトリエ フェアリール

View

923

値段

¥ 10,000

在庫数

1

「正月事始め」の日、お正月の準備をはじめてみませんか?

編集日時: 2017/12/13 15:57

こんにちは。

フェアリール です。

 

本日 12月13日 は「正月事始めの日」。

 

この日は毎年「鬼宿日(きしゅくにち)」にあたることから、

年神様をお迎えする準備を始めるのにふさわしい日だと言われています。

鬼宿日には鬼が宿にいて出歩かないとされていて、鬼に邪魔されることなくことを進められると

婚礼以外のこと吉日なのだそうです。

 

江戸城で12月13日に煤払いが行われていたことで

城下の人たちもこの日に煤を払い一年の汚れを清めていたそうです。

 

松迎え(門松のための松や、お説料理をつくるための薪を採りに行くこと)の日でもあります。

 

 

お歳暮も13日頃から送り始めますね。

お歳暮が正月のお供え物とされていたためだそうです。

 

 

とはいえ。

昨今はクリスマスもあり、年末ぎりぎりまでお仕事の方も多く、

ライフスタイルの変化もありなかなかこの時期からお正月を意識して準備をすることは

難しくなってきたのではないでしょうか?

 

四季折々が美しく、独特の文化のある「和」の行事。

お正月にお家に飾る、また、ご実家にお土産にするお花を選んでみたり

手配をはじめてみたりと

出来る範囲の「準備」でも良いと思います。

 

「和」の暦を思い出し、少し触れてみることを楽しむのもいかがでしょうか。

 

「正月事始め」の日、お正月の準備をはじめてみませんか?

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします