独自の進化をする日本の桃。山梨県で減農薬農法によって育てられた白鳳

中国で生まれて世界に広まった桃。特に日本では独自の進化を遂げています。山梨県で減農薬農法によって育てられた白鳳を産地直送で農園から直接お届けします。

by TABITOTE STORE

View

786

値段

¥ 3,758

在庫数

100 ~

独自の進化をする日本の桃 山梨白鳳

編集日時: 2017/12/20 22:48

中国で生まれて世界に広まった桃。
特に日本では独自の進化を遂げています。
山梨県で減農薬農法によって育てられた白鳳を
産地直送で農園から直接お届けします。

 

 

世界の多種多様な桃

同じ元素からできているのに性質が異なる物質があります。同素体といわれるもので、たとえば石炭とダイアモンドが同じ炭素でできてるなんて不思議ですよね。果物でも同じようなことがあります。

 

その一つが桃です。同じ桃なのに、品種や産地によっても違いが出てきます。桃は非常にデリケートな果物なので、日本では山盛りにされているのなんて見たことないですよね。しかし海外の市場では平気で山積み。皮も実もかっちり硬いからできるのです。日本の桃は皮も実も柔らかいので、こんな積み方は絶対にできません。

 

 

独自の進化をする日本の桃

日本での桃の品種改良はものすごいです。いかにおいしくするかを追求し続け、独自の改良の末、現在のような美味しい桃たちが生まれました。桃の皮、果肉ともに様々な品種があり、産地によっての特徴もあります。品種改良を続けることで、さらに新しい品種が次々と登場しているのです。

 

日本の桃は熟すと柔らかくて甘ーいのですが、皮も薄ーく、果肉も柔らかくなってしまうものが多く、山積みなんてできません。果物のなかでも、もっともデリケートに扱わないといけないものの一つです。

 

店頭で売ってるものは、早めに収穫して熟れてゆくまでの数日間を待つもの。ですから、本当においしい日本の桃を味わうためには産地直送です。産地から送るものが美味しいのは、そこが違います。6~7玉くらいの食べきりの量を農家さんが見極めて、一番おいしい食べ頃に送ってくれます。

 

 

産地直送の山梨白鳳

山梨白鳳は白い色の品種ですが、皮の色はどちらかといえばピンク色に近いかもしれません。肉質は緻密で繊維が少なく、果汁がとても多い桃です。酸味は少なく、ジューシーで甘い品種になります。農家さんが気をつけているのは、冬場に行う畑の土作り。藁などの有機質堆肥を土壌に切り込み、肥沃な土を作って、除草剤などを使わない減農薬農法を行っています。土自身に力を蓄えさせることが、おいしい桃を実らせるのには大変重要だからです。一年間を通した作物に対する愛情と、長年培れた経験と実績の証がつまった桃です。

 

この他にも、岡山白鳳、山梨スイートネクタリン、山梨黄金桃の産地直送商品をご用意しております。桃は旬の時期が短いので、この機会を逃さずに、ぜひご賞味くださいませ。

--

マガジンサイトでこの商品の記事が読めます。
https://tabitote.com/peach/

--

産地直送 桃の商品一覧

https://store.tabitote.com/categories/590593

独自の進化をする日本の桃 山梨白鳳

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします