夏の旅行やおでかけに、爽やかなブルーを添えて。藍染革のコインケース

藍染革のenkuです。夏のおでかけスタイルに少しブルーをプラスしてみると気分まで涼しく開放的になれる気がします。海や空や星を眺めたり…そんな旅の風景に馴染む商品のご紹介です。

by enku Onlineshop

View

2.4K

値段

¥ 16,800

在庫数

1

【enku】夏の旅行やおでかけに爽やかなブルーを添えて(藍染革 コインケース)

編集日時: 2017/10/02 15:16

なにも考えず、なにも縛られず、

心の休息を求めてどこかへ旅に行きたくなるこの季節。

 

 

 

最低限の荷物を持ってふらっとどこかへ。

私の場合はコインケースとパスケースと本とカメラ。

それがあれば大抵どうにかなる気がします。

 

 

 

藍染めの日本独特な色は

この季節持ち歩くのにぴったりで涼しげがあって、

眺めているとなんとなく心が落ち着いてくる。

昔もこの時期は藍の色に癒されてきたのだろうと思います。

 

 

 

持ち歩いている中でもコインケースはお札と小銭が入るので身軽になりたい時に重宝。

今だとビーチやフェスなんかに。


一回持ってしまうと、もうこれでいいかも…とやみつきになってしまうような便利さです。

 

 

今回の藍染革[migaki]タイプは、

革の表面にみがきをかけたような上品なつや、そしてなめらかな手触りになるようこだわって制作しました。

 

 

藍染めというと色落ちや色移りが心配…

でも安心してお使いいただけるよう、何年も試行錯誤をしながら染色堅牢度検査(アパレル業界で使用される検査です)において4-5級を取得するまでになりました。

これは国内の革製品の中でもトップクラスの評価で、白い鞄や服とあわせても問題なくご使用いただける数値です。 

天然の藍を革に染色するには手間と時間がかかりますが、何度も染め重ねて堅牢な分、長くご愛用いただける革になっております。

 

 

 

財布は頻繁に変える方が多いですが、実は意外にコインケースって長く使うものだと思います。

経年変化を味わいながらじっくりと付き合っていく、そんなコインケースになれたら嬉しいです。

 

 

 

余談ですがトップ画に使っている写真のセットは普段実際に使用しているもの。

藍染革とひとくちに言っても様々な色があり、

使用用途によって様々に変化しています。

トートバッグにいたってはもう使い過ぎてくたくたなのですがそれも革の醍醐味。

アジが出てきた証拠です。

これからも旅のお供にこのセットを持ち歩いていく予定です。

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////

 

    《enku》 Japanese Indigo Leather

    hp http://enku.comfortable-time.com/

 

/////////////////////////////////////////////////////////

 

【enku】夏の旅行やおでかけに爽やかなブルーを添えて(藍染革 コインケース)

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします