手裁ち、手縫い、手仕事で製作 “カラーオーダー 手縫い仕立てのマネークリップ財布”

手仕事で仕立てさせていただく、カラーオーダー “手縫い仕立てのマネークリップ財布”。手裁ち、手縫いと、少し製作風景をご紹介しています。

by enfoque

View

357

値段

¥ 26,430

在庫数

18

手裁ち、手縫い、手仕事で製作 “カラーオーダー 手縫い仕立てのマネークリップ財布”

編集日時: 2020/01/30 14:28

色のコンビネーション...

 

お好きな色の組み合わせはありますか?

 

 

 

 

こんにちは、エンフォケです。

 

 

〈受注〉 カラーオーダーにて製作させていただく“手縫い仕立てのマネークリップ財布”です。

 

市場にある量産型の製品のような作りではなく、全ての商品を手作業で一つ一つ仕立てています。

 

ほんの一部ですが、手仕事(手裁ち、手縫い)の製作途中の風景画像を。

 

その後に、ご注文いただいた色のコンビネーションも少しご紹介いたします。

 

 

一枚革からそれぞれのパーツを切り出します。部位によって繊維や強度が違うので考えてあちこちから切り出します。

 
 
外装の革はオレンジ、内装の革はチョコ、糸はブロンズ、2種類、2色のイタリアンレザーとフランス製ワックスリネン糸を使い仕立てました。

各パーツごとに、漉き機で厚みなどを漉いた後、革包丁という道具を使いそれぞれの正確なサイズにカット、形成していきます。

 

 

先に縫って置かねばならない、仕上げて置かなければいけないなどのパーツを順に仕上げていきます。

 
 
コバ(革の端を裁断した場所)は、切り目本磨きというやり方(布海苔を塗り、ペーパーがけを繰り返し断面を整える作業)で、仕上げます。
丁寧に磨き、染料で染色、蜜蝋を溶かし込んで仕上げます。時間がかかる作業ですが、顔料のように剥がれ落ちたりはしません。
 
 
ある程度仕上げて、形になって来ました。パーツを接着するための、接着面の“荒らし”と言う作業がありますが... 
非常に手間がかかる作業ですが、あまり見ても面白くはありませんので省きます。(笑)
 
 
接着、しっかりと圧着した後に、裁断します。
 
 
ヨーロッパ目打ちを使い、縫う箇所をマーキング、菱切りでマーキングした場所を貫通後、カードポケットと本体を縫い合わせ...
全てのコバ面をまた切り目本磨き、染料、蜜蝋仕上げ、そして捻入れ作業... 4〜5時間程度かかるでしょうかね。。。(苦笑)
そして下の画像、最後にクリップ金具の部分を縫って終了です。
 

 

いくつもの作業、工程は省いていますが、他にもいくつかの道具を使い、このような感じで仕立てています。

 

カラーオーダー“手縫い仕立てのマネークリップ財布”は、

外装の革6色、内装の革3色、糸は11色の中から、お好きな色を組み合わせていただけます。

 

 

では、ご紹介する2作品のカラーオーダー例は、偶然同じ、外装の革/ オレンジでご注文いただきました。

色のコンビネーションをご紹介いたします。

 

1つ目は、外装の革/ オレンジ、内装の革/ ネイビー、糸の色/ レッド。

 
 
 
 
 
 
 
 
続いて、もう一つは、外装の革/ オレンジ、内装の革/ ボルドー、糸の色/ ブロンズ。
 
 
 
 
 
 
 
手仕事で、お時間をいただく商品ですが...  
お好きな色でオーダーして頂き、満足していただけました。
私にとっては、本当に嬉しい限りです。
 

 

enfoqueでは、販売ページの中で同じくカラーオーダーの商品 “手縫い仕立てのマネークリップ財布【薄型】” でも、

3タイプの違った色のコンビネーションをご覧いただけます。

 

 

BlogInstagramtwitterでも、過去に製作した物などをupしたりしています。

お時間あれば、覗いてみてください!!

 

 

 

ではまた、¡Hasta luego!

手裁ち、手縫い、手仕事で製作  “カラーオーダー 手縫い仕立てのマネークリップ財布”

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします

  • >
  • >
  • 手裁ち、手縫い、手仕事で製作 “カラーオーダー 手縫い仕立てのマネークリップ財布”