9月1日は「防災の日」何かあった時のために懐中電灯は必需です!

防災への心構えが大切なのはわかるけど、イザという時の為にコストがかかるのはちょっと・・・そんなときに、ぜひ使ってみていただきたいのが【充電式LEDセンサーライト よるつく】です。

by ダイヤスペース ショップ

View

1.1K

値段

在庫数

9月1日は「防災の日」!心構えが大切なのはわかるけど、お金も大事・・・そんなあなたに【よるつく】♪

編集日時: 2016/08/19 16:22
ご存知ですか?9月1日は「防災の日」です。制定されたのは1960年のこと。
 
この時期に起こりやすい災害といえば<台風>ですが、
なぜ9月1日なのかというと<関東大震災>が発生した日にちなんでいるそうです。

普段なにげなく生活している日々も、災害で生活が一変してしまいます。

たとえば 、電気・水道・ガス・道路・鉄道・通信・学校など・・・
なくなったら困るものはたくさんありますね。

『daiya space shop』は東北の岩手県にあり、2008年に岩手・宮城内陸地震、2011年に東日本大震災を経験しました。

大きな災害ほど、まず最初に止まるもの。それは【電気】です。

日が沈んだ後、わたしたちは【電気】のありがたみをしみじみ感じます。

小さな街路灯やアパートのわずかな常夜灯でさえ、たった数時間でも点いているだけでホッとしました。

停電時は懐中電灯が必須アイテムですが、そういう時に限って電池切れだったり。
どこにあるのか思い出せなかったりするんですよね。

街路灯のように、家の中にも常に充電されて、停電時に自動で点灯してくれる灯りがあったら便利なのに。
でも、常に充電だと電気料金も気になる・・・
防災への心構えが大切なのはわかるけど、イザという時の為にコストがかかるのはちょっと・・・

そんなときに、ぜひ使ってみていただきたいのが【充電式LEDセンサーライト よるつく】なんです。

 

おすすめポイントは、昼間に充電して暗くなったら自動点灯するところ!

さらに、ハンディライトとして懐中電灯のように使うこともできます!

コンセントでの充電なので、イザという時に電池切れなんてこともありません!

肝心の電気料金ですが・・・
定格消費電力:約0.2wで、24時間365日使用したとして 年間電気代:たったの約53円なのです!
  0.2w x 24時間 x365日 x 30円/kwh ÷1000w=52.56円
 (1kwhあたりの料金は各電力会社によって若干異なりますが、おおむね30円以下のようです)

たとえば、懐中電灯を購入するほどでもないと思っているけど、イザという時にちょっと心配~と思っている方へ。
電池の購入の心配もなく、気軽に防災対策を始められますよ。

たとえば、離れて暮らしているご両親へプレゼントとして、いかがでしょうか。
普段はインテリアアクセサリーとして使用し、夜は予備灯として。そして、災害時には非常灯・懐中電灯として活躍します。

いざという時にきっと心強い味方となってくれる【充電式LEDセンサーライト よるつく】
9月1日「防災の日」をきっかけに、自分と大切な人を守るためにも防災についてあらためて考えてみませんか? 
9月1日は「防災の日」!心構えが大切なのはわかるけど、お金も大事・・・そんなあなたに【よるつく】♪

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします