本革で包み込まれたクロシェットキーリングに大切な鍵入れて出掛けよう。

コーディネートの引き締め役に本革シュリンクで包まれたクロシェットキーリングが活躍。 職人の手によってひとつひとつ丁寧に仕上げられた作りは小物とはいえ細部までこだわりが詰まっています。

by crambox creating

View

1.7K

値段

¥ 5,400

在庫数

4

本革で包み込まれたクロシェットキーリングに大切な鍵入れて出掛けよう。

編集日時: 2017/07/04 18:28

 

クロシェットとは「小さな鈴」と言った意味があります。本革シュリンクレザーをクロシェット型にした逸品もの。

cramboxの職人によってひとつひとつ手作業で作り上げています。
妥協しないものづくりゆえ細部までこだわった仕上がりです。
フロント部分のゲージ型のデザインにも全てレザーを使い、厚みのある仕上がりでスタイリッシュなポイントにも。

シュリンクレザーは凹凸のあるシボは陰影深い表情を見せ、キズ汚れが付きにくい利点があります。
使うほど革のツヤ感が増します。時を刻むと同時により一層味のある革の表情をお楽しみ下さい。
背面には2重リングと同じゴールドのロゴが顔を見せます。
裁断面のコバ塗りは、磨きと塗りを時間を掛けた美しい仕上がり。

ボディーベースはブラック、そしてポイントとなるゲージデザインにレッドとブルーの2カラー展開となっています。

小物がポイントとなる春夏はもちろん、季節を問わず一年中使えるクロシェットキーリング。
あなたのコーディネートのポイントに是非。

 

 

本革で包み込まれたクロシェットキーリングに大切な鍵入れて出掛けよう。

このアイテムが気に入ったら
「いいね!」をしよう!

BASEの最新情報をお届けします